「太った」が6割!「コロナ太り解消」脱リバウンド「お手軽マル秘ダイエット」

日刊大衆


画像はイメージです

サントリーが「コロナ禍における生活の変化」についてアンケートを行ったところ、「運動する機会が減った」「太った」が、ともに6割に達した。

「緊急事態宣言下、買い物を控えた人も多いのでは。ただ、インスタントラーメンやパスタのように買い置きできる食品は、肥満の元凶です。外出自粛やテレワークの推進で、歩く機会が減ったのも大きかったはずです」(管理栄養士)

そのためか、20.8%の人が「ダイエットを始めた」と答えたのだが……。

「無茶なダイエットは、開始前より太る結果になりかねません」と警鐘を鳴らすのは、『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』(かんき出版)の著者である小林一行氏(日本メンタルダイエット協会代表)だ。

小林氏は40代の頃、わずか半年で15キロの減量に成功。その後も好きな物を食べ、酒も飲んでいるのに、体重は増えず、体調も万全だという。そこで、そんな魔法のようなダイエット成功のコツを聞いた。

減量中にリバウンドが起きる原因は明確だ。体重を減らすには、ごはんやパンなどの炭水化物(糖質)の制限と運動が必要だが、厳しい糖質制限をすると、エネルギー消費量(基礎代謝)が多い筋肉が先に落ちてしまう。

「最初は痩せるものの、安心して開始前の食事に戻すと大変。筋肉量が減った分、基礎代謝が低くなり、ダイエット前より太ってしまいます。それを繰り返すと悪循環に」(小林氏=以下同)

では、どうすればリバウンドを避けられるのか? 小林氏は「太る食べ方、飲み方、生活習慣を“少しだけ”変えることがポイント」と強調する。

「若い頃からビールが大好きでした。おまけに飲んでいるときは、箸を置く暇がないほど食べていたんですから、太るに決まっています(笑)」

■飲んでも太らないコツを公開

 だが、ビールを飲まない、つまみも食べない……そんな“強い意志”に頼ったダイエットは続かなかった。

「ビールを飲むとビール腹になるといわれますが、都市伝説ですね。確かに焼酎などの蒸留酒と比べれば、カロリーは高いんですが、握り寿司1貫程度です。ビールを飲むなら、少しだけ食べ物を減らす。何杯か飲んだら、ハイボールに切り替える。それでカロリーは抑えられます」

また、酒を飲むときは、必ずチェイサー(水)をつけるようにしたという。

「アルコールを摂取すると、食欲が増すだけでなく、脱水症状が起こります。水分が欲しくなりますが、お酒の代わりに水を飲むことで、食欲の暴走を抑え、悪酔いを防ぎ、懐にも優しくなって“一石三鳥”です」

飲むと食べ過ぎる癖には、食べる順番を工夫した。

「最初にモズクやヒジキなど、食物繊維が多いつまみを注文しました。これで糖の吸収が抑えられ、中性脂肪化が緩やかになるんです。次に焼き鳥や刺身などのタンパク質。揚げ物は最後に食べれば大丈夫」

コロナ禍で“家飲み”が増えた人には、こんな注意をしてほしい。

「家族と食事する人は、一緒に白米を食べてしまいがち。飲むときは、代わりに糖質を控えましょう」



現在発売中の『週刊大衆』11月30日・12月6日号では、無理をせず楽しく続けられるダイエット法を公開している。

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ