Snow Man、紅白初出場に喜びと驚き「最高のパフォーマンスでエールを届けたい」


アイドルグループ・Snow Manが、大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』(12月31日19:15~)に初出場することが決定し16日、東京・渋谷のNHKで行われた出場者発表会見に出席した。

会見では、「ことしデビューさせていただいて、まさかその年に、紅白歌合戦に自分たちが出場できる日が来るとは本当に思っていなかったので、素直にうれしい気持ちと、びっくりした気持ちと。出させてもらうからには、自分たちなりの最高のパフォーマンスで、たくさんの人にエールを届けたいなという思いでいます」と心境と意気込みを語った。

初出場決定の報告は今朝、事務所で聞いたとのこと。「僕たちがここにいるのが、不思議というかふわふわした気持ちですね」と話し、「『紅白歌合戦に出るということは、今年活躍したアーティストということだよ、おめでとう』という言葉をいただきました。不思議な気持ちです」と明かした。

今年の出場歌手は42組(企画枠を含む)。初出場は、紅組が櫻坂46、JUJU、東京事変、NiziU、BABYMETAL、miletの6組、白組が瑛人、SixTONES、Snow Manの3組。現在放送中の連続テレビ小説『エール』の主題歌を歌うGReeeeNは、「今こそ歌おう みんなでエール 特別企画」で初出場が決定した。

SixTONESとSnow Manは、今年1月22日にジャニーズアーティスト史上初の2グループ同時デビュー。昨年の紅白では、ジャニー喜多川さんの追悼企画に登場していた。

(C)NHK

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ