井ノ原快彦、怒られた時に丸く収まる言葉を伝授「ですよね~!」


映画『461個のおべんとう』の舞台挨拶が16日に都内で行われ、井ノ原快彦、道枝駿佑が登場した。

同作はヒップホップバンド・TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるエッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)の映画化作品。長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原)が、息子・虹輝(道枝駿佑)と「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という約束をし、ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も怒涛のお弁当作りをする。

「勇気づけられた言葉」というトークテーマに、道枝は「それこそ、パパ(井ノ原)にもらいました」と回答。「バラエティの収録が終わった後、僕がうまくしゃべれなかったのでちょっと落ち込んでたら、パパから連絡が来て。『お前のいいところは、爪痕を残そうとしてジタバタしないところ。自然体でいいんだからそのままで大丈夫だよ』と言ってくださって嬉しかったです」と明かす。

井ノ原は「思いの外、ヘコんでるからさ。だから『全然大丈夫だよ。テレビってのはな、編集ってものがあるんだから、大丈夫だよ』って」と状況を説明。また自身については「落ち込んだりとかそういう時にいろんな人にかけてもらった言葉もあるし、自分の中でも『こう言えば大丈夫だな』発明した言葉もある。皆さんも辛いな、やだなとか、先生や親、上司に怒られたという時は、だいたい『ですよね~!』と言っておけば、丸く収まるから」とコツを伝授する。

「大丈夫ですかそんな適当で!?」と驚く道枝に、井ノ原は「『ですよね!』か、友達だったら『かたいこと言うなよ~』。困ったら『バーカバーカバーカ!』って3回くらい言えば、だいたいうまくいくから。それできたんだよ、ここまで。大丈夫だよ。だいたいうまくいくから」と返す。「みんなそうだと思うけど、『あれ、ダメだったんじゃないかな』『あの人傷ついてんじゃないかな』と思うことあるじゃないですか。それを親に言ったら『お前のことなんか、そんな考えてないよ。みんな自分のことで精一杯だから、大丈夫だよ』と言われて。かと言って僕がみっちーのことを考えてないわけじゃなくて、みんな精一杯だから、大丈夫じゃないの?」と語った。

さらに井ノ原は「バラエティでダメだったと言っても、それがいいって人がいるじゃない? うまくできなくて照れてるとか、失敗しちゃったみたいなみっちーの顔が見たいから。『どうも~!』とやったら、『ちょっと違うんですけど!』となったりするから」と、道枝らしさを活かすアドバイスを送った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ