『姉ちゃんの恋人』林遣都を苦しめる…過去の出来事が明らかに

dwango.jp news


有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜夜9時)の第4話は、17日(火)夜9時から放送。第3話では、無事にクリスマスに向けた店内改装プロジェクトを終えた桃子(有村)と真人(林遣都)は、満足感に浸りながらの帰路で心を通わせていく。

また、悟志(藤木直人)が同じホームセンターで働いていることを知った日南子(小池栄子)は、バーで偶然悟志と再会。自身の恋愛観を優しく理解してくれる悟志に、改めて思いを寄せていく。

一方、仕事帰りのみゆき(奈緒)はバイト帰りの和輝(髙橋海人)に声を掛けられ、おしゃれなカフェへ。そこで、和輝からみゆきが初恋の人だと明かされ、大きく動揺する。さらには、口元についたカフェラテの泡を和輝に指先ですくい取られ、口がふさがらないみゆき。

“肝っ玉姉ちゃん”桃子と“ワケあり男子”真人、“残念美人なアネゴ”日南子と “爽やかなイケオジ”悟志に加え、“イケかわな弟”和輝と“姉の親友”みゆきのラブストーリーも、和輝の大胆なアプローチによって本格スタートした。

第4話では、桃子、真人、日南子、悟志の4人でダブルデートへ行くことに。



しかし、真人は、桃子からの誘いに「行く」と返事をしたものの、本当に自分が行っていいのか、楽しんでいいのか、思い悩んでいた。そんな真人の様子に、いつもと違うものを感じた貴子(和久井映見)は、パートとして勤める弁当屋の藤吉(やついいちろう)に、母親と息子の関係についてアドバイスを受ける。

貴子からの温かい言葉を胸に、河原を散歩する真人の脳裏に、過去の「ある出来事」がよみがえる…。第3話では、真人について「何かを諦めてる感じがするんだよね。幸せになることを…」と、桃子がみゆきに語る場面があったが、第4話では、その原因となった出来事が明らかに!

かつてサラリーマンとして働いていた時代の真人に何が起きたのか? そんな真人の過去を知る由もない桃子のふとした言葉に、真人の心は大きく動かされることに。



『姉ちゃんの恋人』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

出演:有村架純 林遣都 奈緒 髙橋海人(King & Prince) やついいちろう 日向亘 阿南敦子 那須雄登美 少年ジャニーズJr.) スミマサノリ 井阪郁巳 南出凌嘉 西川瑞 ・ 和久井映見 ・ 光石研 紺野まひる 小池栄子 藤木直人 ほか

(C)カンテレ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ