コロナ禍で結婚を決めたカップル3組… その決め手とは?

fumumu

夫婦(Carolyn Horlings/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
全国に感染者が増えて、第三波ともいわれている新型コロナウイルス。

私達の恋愛においても価値観が変わった方も多いといいますが、そんな中で結婚を決めたカップルも少なくはありません。

コロナ禍で結婚の決め手となった理由を3組のカップルに聞いてみました。

(1)上司の影響?


「同棲して3年経つけれど、いまいち結婚には踏み切れなかった彼。その理由は、独身主義の彼の上司の存在が大きかったようです。

その上司は、女性との遊び方もスマートで、休みは趣味のバー巡りを楽しむ、まさに男から見て『カッコイイ』と思える独身でした。しかし、緊急事態宣言中に普段遊んでいる女性と連絡が全然とれず、孤独を感じたことで初めて結婚を意識するようになったそうです。

その後、自粛が開けてこれまで仲は良かったけれど、恋愛に発展しなかった部下をデートに誘ったそうです。すぐに交際に発展して、来年に入籍することが決まりました。

そんな上司の変化に彼も感動したのか、先日の私の誕生日に彼がついにプロポーズ! 年末に両親に挨拶に行き、来年1月に入籍予定です!」(20代・女性)

関連記事:しばらく彼と会えない…お互いの家にいながら楽しめるデート3つ

(2)自粛明けの再会で…


「緊急事態宣言中、家も遠くて彼となかなか会えなかったんです。そして自粛が明けた頃、久しぶりに彼の家にお泊りしたらつい、盛り上がってしまって…(笑)。

それから5日間彼の家に泊まって、2ヶ月後にまさかの妊娠発覚!

そのときはまだ、県をまたぐ外出がそこまでできないときだったのですが、その後引っ越しを終えてお互いの実家にはリモートで挨拶しました。今年の年末には両家顔合わせを行う予定です」(20代・女性)

(3)彼の親に感染疑惑⁉


「彼と同棲して2年経つのですが、お互い仕事が忙しくて結婚にあまり前向きではありませんでした。でも、コロナでテレワークになったことで一緒にいる時間が増えるようになり、少しずつ結婚を意識するように。

そんな中、彼の母親が体調不良になり、まさかの感染では? と家族中大騒ぎ。彼なんていても立ってもいられなくなって、仕事も手につかない様子でした。それから間もなく検査結果が出たのですが、陰性でただの風邪だったようです。でも、彼は『もし、母親に何かあったら……』と考えて、安心させたいと私にプロポーズ!

私もテレワークになって時間に余裕ができたので、もちろんOKして先月、入籍しました!」(30代・女性)

結婚式はしばらく難しそうですが、コロナ禍の数ヶ月の間に結婚に前向きになったカップルは多いのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→「コロナ破局」彼のありえない一面を見て”もうやっていけない”と悟った瞬間

(文/fumumu編集部・結城)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ