函館・五稜郭公園は歴史も楽しめる散策スポット 開放感抜群の景色が最高

fumumu


五稜郭公園紅葉が最高潮の北海道函館市。短期移住中の筆者が、人気観光スポットである五稜郭公園を堪能してまいりました!

画像をもっと見る

■五稜郭公園とは?


先日ご紹介した「五稜郭タワー」から、その見事な五角形を見せてくれた、特別史跡・五稜郭公園。

時代が明治に移り変わるころ、旧幕府軍と新政府軍の間で勃発した戊辰戦争における「箱館戦争」、最後の砦となった場所です。

五稜郭公園

もともとは、江戸幕府が開港にともない築造したもので、函館山の麓にあった「奉行所」の移転先とされた城郭。

五稜郭公園

敷地内は水掘りで囲まれた五芒星。中世ヨーロッパの城塞都市を参考に設計された作りなのだそう。

関連記事:函館「香雪園」で、もみじフェスタ開始! 穴場スポットで秋を堪能する休日

■橋を渡って歴史の舞台へ


お堀の内側だけで東京ドームの約3倍もあるという五稜郭公園。見た目にもかなりの広さがあり、開放感抜群です!

公園内には貸ボートやカフェスペースなど、散策以外にも楽しめる場所がたくさんありますが、やはり目指したいのは復元された「箱館奉行所」(函館は明治2年まで「箱館」表記でした)。

五稜郭公園

公園内に入ってほどなくすると二の橋が出現。

五稜郭公園

綺麗な景色を堪能しながら渡りきると、奉行所への門へ到着。

五稜郭公園

門に入って、とりわけひらけた場所に「箱館奉行所」があります。

五稜郭公園

現在建っている建物は、明治4年に解体された元の奉行所を、可能な限りの当時の材料や工法で1/3復元したもの。まさに歴史の転換期となった場所…心なしか気持ちがシャキっとする想いです。

■復元された「箱館奉行所」


復元された奉行所は、靴を脱いで中を見学することが可能。入ってみると、とても開放感のある、木の色彩が美しい空間が広がっていました!

五稜郭公園

迷路のような作りの奉行所はかなりの部屋数で、ここで名だたる英雄たちが行き来したのかと思うと歴史ファンはたまらないはず。

五稜郭公園

奉行所内では希望すれば職員の方による説明を受けることも可能。iPadを使って奉行所の歴史を教えてくださいます!

やはり職員の方の熱のある言葉で聞くと歴史の感じ方も違うというもの。聞いた後はより一層、奉行所探索を楽しむことができました。
五稜郭公園(今回、説明をしてくださった職員の田原さん)
現在は新型コロナ防止のため、時間は5-10分ほどで人数も制限しているのだそう。日によっては難しい場合もあるので、余裕をもって申し込むのがオススメです。

五稜郭公園奉行所内には五稜郭の歴史や作りなどを詳しく説明したゾーンも。当時の美しい空間を堪能するもよし、歴史をしっかり学ぶもよしの、盛りだくさんな施設です。

■公園に生まれ変わった城郭


もうひとつ公園内でしっかり堪能したいのが、美しい自然。箱館戦争後は沈黙の場となっていた敷地ですが、大正3年に一般開放。そこから10年かけて約1万本のサクラが植えられるなどされたそうです。

五稜郭公園

現在では、秋は紅葉、冬は雪景色のライトアップ、春は桜を見ながらジンギスカンができる市民の憩いの場ともなっています。

五稜郭公園

紅葉を見上げれば五稜郭タワーが。なんだか見守っているようでホッコリしますね。

五稜郭公園

かつては戦の舞台であり、時を経て美しい敷地となった五稜郭公園。また安心して行き来できる時が来たら、歴史の息吹を感じつつ散策してみてはいかがでしょう。

・合わせて読みたい→函館老舗ベーカリーのラスクがクオリティ高し! 北海道の素材を隅まで堪能

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ