ビートたけし、所ジョージも一晩ウン百万!芸能人「太っ腹伝説」

日刊大衆


ビートたけし

もうすぐ忘年会のシーズン。飲んで騒いでコロナ禍のウップンを吹き飛ばしたいところだが、すでに出始めている冬の感染拡大の危険性から、どうやら派手なドンチャン騒ぎは難しそう。ならば、せめて芸能人たちの豪快な「太っ腹おごり伝説」でも聞いて、スカッとしましょう。

まずは、日本の至宝・ビートたけし(73)から。

「運転手を務めていた、つまみ枝豆が“ベンツのEクラスに乗りたい”と言ったところ、数日後に“買ってこい”と紙袋を渡されたそう。見ると、中には700万円の現金の札束が無造作に放り込まれていたそうです。また西麻布から六本木に徒歩で移動中、工事現場で働く人や握手を求めてくる一般人に“はいはい”と1万円札を配って歩いた、そんな伝説がいくつもあります」(芸能記者)

さらに、こんな“男前”なお金の使い方も。

「同じ店で若い芸人がたまたま飲んでいれば、よく知らなくても、何も言わずに勘定をすませて先に店を出る。たけしさんが修行時代から通う浅草の居酒屋『捕鯨船』は、今も若い芸人たちがよく飲みに訪れますが、たけしさんは“若手が来たら飲ませてやって”と、先に数十万円を店主に預けているとか」(お笑い関係者)

そんなたけしに、「総額5000万円はおごってもらった」と話すのは、女芸人のパイオニア・山田邦子。共演した『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)当時のたけしとの思い出を、こう振り返る。

「当時、たけしさんは東京・四谷で小料理屋『北野屋』をやっていたんです。そこで毎日のように、たけし軍団などと自由に飲み食いさせてもらいましたね。いつも20人くらいはいたかな。ちゃんとした店だったので一人7~8000円のお勘定だったはず。いいお酒を飲めば1人2万円くらい、いったかも。全部、たけしさん持ちでしたから、いくらご馳走になったのか分かりません(笑)」

一人2万円で20人なら40万円! それを、ほぼ毎日というから、さすがだ。

彼女は他にも、収録終わりのたけしを待ち伏せし、金、銀、ダイヤのついた指輪を宝石店で“即金”で買ってもらったことも。

「まだ、たけしさんに特にお返しできてないんですよね……。ただ、5000万円分のお返しは無理ですよね(笑)」(前同)

■所ジョージはライターと愛車を交換

 たけしの盟友・所ジョージ(65)も実に豪快だ。

「番組収録中の休憩時間、タバコが吸いたいのにライターがないことに気づいた所が、共演者のマネージャーのライターを見つけ、“よかったらさ、僕の車と交換しない?”と、当時乗っていた100万円の愛車・フィアットと交換してしまったことがあったそうです。ウソのような話ですが、実際に所がテレビで、これを“本当だよ”と認めています」(放送作家)

明石家さんま(65)も、庶民の想像をはるかに超える太っ腹で知られている。

「バラエティ番組のスタッフを、収録の終わりに必ず、六本木の超高級焼肉店に連れて行ってたんです。席につくと、注文しないのに上質な肉が、これでもかと運ばれてくる。毎回300万円くらい払っていたとか。また、正月にはスタッフや共演者に、必ず一人1万円のお年玉を配っている。その人数は毎年、300~400人にも及ぶそうです。“儲かっている人が使ってあげないと不景気になってしまうやろ”が、さんまのモットーだといいます」(前出のお笑い関係者)

そんなさんまに影響を与えたのは、デビュー当時、『ヤングおー!おー!』(MBS)で、さんまを鍛えた桂文枝(77)だったのかもしれない。前出の山田が、こんなエピソードを明かす。

「文枝さんには、京都、大阪で何度も“お座敷遊び”に連れて行っていただきましたよ。ただ遊ぶだけではなく、湯葉の食べ方や、お箸を使ってクイッとひねる和食の席でのレモンの絞り方など、洗練されたマナーを教えてもらいましたね」

お座敷遊びといってもピンとこないと思うが、「舞妓さん、芸妓さんへの“お花代”が一人3~4万円。踊りを披露してもらえば“宴会ご祝儀お立て替え2として一人1~2万円。これに飲食代がかかってきますから、舞妓さん、芸妓さん、三味線の3人を呼んで、4人で2時間の宴会を楽しめば、安くても25~30万円」(旅行サイト編集者)

これを「何度も」というのだから、さすがは、さんまの“兄さん”である。

現在発売中の『週刊大衆』11月30日・12月6日号では、米倉涼子&篠原涼子の高級差し入れの詳細や、大泉洋の200万円の大間のマグロの差し入れ話など、太っ腹芸能人の実情に迫っている。

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ