<ライブレポート>本田雅人、ビックバンド&スペシャルゲストを迎えた【Masato Honda Autumn Special Jazz-Fusion Night】を開催

Billboard JAPAN



本田雅人が、11月7日に昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワで【Masato Honda Autumn Special Jazz-Fusion Night】を開催した。

神奈川県川崎市内の各所で、9月18日から11月15日まで開催されている大規模なジャズ・フェスティバル【かわさきジャズ2020】。本公演はその一環で、本田雅人を中心に、梶原順(Gt.)、則竹裕之(Dr.)、須藤満(Ba.)、白井アキト(key)、エリック・ミヤシロ(Tp.)、中川英二郎(Tb.)といったB.B.STATIONでお馴染みのプレイヤー達と、昭和音楽大学の学生たちが勢ぞろいした。更に、ゲストはマリーン(vo)や和泉宏隆(p)も登場。本田雅人のソロ曲から各メンバーの楽曲、ロックの名曲など幅広いナンバーが披露された。また、ライブは前半「#1 本田雅人BAND」と後半「#2 本田雅人B.B.STATION」の二部構成となっていた。ここではその公演の様子を紹介していく。

大きな拍手が巻き起こる中、本田雅人が登場すると、冒頭から堂々としたソロを会場に轟かせる。そして梶原、則竹、須藤、白井も加わると、ロックサウンドのアッパーチューン「Smack Out」でライブがスタートした。本田は「ようこそいらっしゃいました」と挨拶すると、続けて哀愁漂うジャジー「Orange」を披露。3曲目に演奏された「Bad Moon」では、始終、フィーチャリングした須藤がグルーブ感溢れる高速スラップを奏でる。そこに各楽器、特有の個性的なソロが加わっていく流れは見事だった。

ここでゲストの和泉宏隆が迎えられ、「11月の雨」を披露。本田とのデュオは約30年ぶりだ。続く「Twilight in Upper West」では、和泉の落ち着きのある旋律と、本田の奏でる艶麗で力強い音の重奏が、心地良く場内を響かせる。その後は、場内の空気が一変し、再びバンドでT-SQUAREの楽曲で疾走感のある「Omens of Love」や「El Mirage」を立て続けに披露し、会場を沸かせていく。

その後、中川が登場すると、本田とのデュオでブルース「Rondo」をスタート。交互に弾きあう場面もあるなど、1つ1つの展開が魅力的で、変拍子の楽曲にも関わらず、その波長のあるコンビネーションは圧巻だった。そして、さらにエリック・ミヤシロも参戦。前半最後の曲となった「Bird Land」では、観客が曲の調子に合わせて手拍子を行い、会場全体が一体感を見せた。

後半では昭和音楽大学ジャズコース・メンバー、1年生から4年生までの計14人が登場。エリックが「本田さんと演奏できることはなかなかない」と語ったように、プロたちと演奏する機会が生まれたのは千載一遇の好機と言えるだろう。緊張した様子を見せながらも、まずは本田と学生4人のサックスが「Theme for BBS」を披露。そのまま全員で演奏した「Condolence」や「Winter Games」では、洗練されたプロのミュージシャンたちに合わせて絶妙なコンビネーションを披露した。

続けて「Sing Sing Sing」が演奏される中、本田とは約13年ぶりの共演となるゲストのマリーンが登場。芯が太くパワフルなその歌声を会場に轟かせた。コラボアルバムを制作したこともある2人は、MCでも息の合ったトークを繰り広げ、観客からは思わず笑みが溢れた。フランキー・ヴァリ「君の瞳に恋してる」、クイーン「I Was Born To Love You」といった名曲がジャズ仕様に生まれ変わり、各パートのソロもバランスよく采配が振られた聴きごたえのあるアレンジだった。

大きな拍手によって、登壇したまま始まったアンコール。ここでは前半後半の総括が行われた。一曲目はマリーンの代表曲「It’s Magic」。本田は今日初めてフルートを使い、繊細な音色を奏でた。二曲目はT-SQUAREの楽曲で、和泉作曲の「宝島」。今となっては吹奏楽部にとってなくてはならない一曲となっているが、今回エリックにより、原曲と吹奏楽部バージョンの折衷感のあるアレンジとなっていた。そして最後は再びT-SQUAREの楽曲で、本田作曲の「Megalith」をビッグバンドで披露し、ステージを後にした。

Text by Tatsuya Tanami
Photo by Tak. Tokiwa

◎公演情報
【Masato Honda Autumn Special Jazz-Fusion Night】
2020年11月7日(土)
昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
出演:本田雅人(Sax)、梶原順(Gt.)、則竹裕之(Dr.)、須藤満(Ba.)、白井アキト(key)、
エリック・ミヤシロ(Tp.)、中川英二郎(Tb.)、B.B.Station、University(昭和音楽大学 学校メンバー)、昭和音楽大学ジャズコース・メンバー
ゲスト:マリーン(vo)、和泉宏隆(p)
<セットリスト>
1. Smack Out
2. Orange
3. Bad Moon
4. 11月の雨
5. Twilight in Upper West
6. Omens of Love
7. El Mirage
8. Rondo
9. G線上のアリア
10. Bird Land
11. Theme for BBS
12. Condolence
13. Winter Games
14. Sing Sing Sing
15. 君の瞳に恋してる
16. Left Alone
17. I Was Born To Love You
アンコール
1.It’s Magic
2.宝島
3.Megalith

◎イベント情報
【かわさきジャズ2020】
2020年9月18日(金)~11月15日(日)
ミューザ川崎シンフォニーホール、ラゾーナ川崎プラザソル、クラブチッタ、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ、ほか川崎市内各所

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ