乃木坂46齋藤飛鳥、白石麻衣からの言葉「飛鳥が乃木坂をこれから引っ張っていくんだよ」

モデルプレス

【モデルプレス=2020/11/16】乃木坂46の齋藤飛鳥が、14日に放送されたJ-WAVE『POP OF THE WORLD』(毎週土曜あさ6時)に出演。10月28日に開催された配信ライブをもって乃木坂46を卒業した白石麻衣とのエピソードを明かした。

◆齋藤飛鳥、白石麻衣の存在語る



齋藤はハリー杉山と「HARRY'S ENGLISH CLASS」のコーナーに出演。乃木坂ファンから、白石の卒業ライブの感想を聞かれた齋藤は「めっちゃ綺麗だった」「綺麗すぎて感動しました」と話した。

そのあと、話題は齋藤から見た白石の存在についてに変わり、「まいやんは乃木坂の中でも大きい存在だったので私だけじゃなくいろんな後輩、同期とかがまいやんを見て『こうしなきゃ』とか『ああしなきゃ』とか『こういう人になりたいな』ってたくさん思われていた存在だったと思う」と話した齋藤。

さらに「私自身もまいやんと関わって変わったことがいくつかある」と語り「まいやんは私に対しても『飛鳥が乃木坂をこれから引っ張っていくんだよ』みたいな言葉を、ちょっと前からかけてくれるようになって」と白石とのエピソードを明らかにした。

◆齋藤飛鳥、白石麻衣をきっかけに変化



また、齋藤は「私は、あまり人とコミュニケーションを密にとるのが上手じゃないんですよ。でも、まいやんはそれが上手なんですよ。だからみんなから愛されてて」と白石への尊敬の念をあらわに。「私はどちらかというと1人で何でもかんでもやりたがるタイプだから『それも良いけど、みんなと関わり合って生まれていくものもあるから、みんなとの関係性も大事にしてね』みたいな言葉をかけてもらったり、まいやんの普段の生活を見てて思ったりした」とアドバイスをもらっていたことも話した。

そのアドバイスを受けて「最近は結構メンバーとも積極的にコミュニケーションをとってて」と話す齋藤。「メンバーみんなから『飛鳥、最近変わったね』と言われるようになりましたね」と自身の変化を語った。

さらに白石の存在で変われた部分もあるが、それだけではなく「残してくれたものを吸収しなきゃと思って、変われた部分もある」という。「だから卒業は寂しいだけのものではない」とし、「卒業もマイナスじゃなく、プラスにもなるんだと思います」と自身の考え方を話していた。(modelpress編集部)

情報:J-WAVE

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ