アベンジャーズ的バンド、クレイユーキーズ、初の配信ワンマンライブ「クレイユーキーズ with yui@即成院」が再放送決定!新曲『サヨナラSAY GOODBYE with yui』も11月22日に配信リリース

E-TALENTBANK


クレイユーキーズの初の配信ワンマンライブとなった「クレイユーキーズ with yui@即成院」が11月22日に再放送される。アーカイブも11月29日まで残る予定だ。

このライブは、シンガーソングライターのyuiを迎え、京都で有名な寺院、即成院(そくじょういん)を舞台に配信したスペシャルライブとなっている。前回の配信ライブを見逃し方はもちろん、何度も見たくなるライブ演出にも注目だ。

そして新曲『サヨナラSAY GOODBYE』の配信リリースも11月22日に決定した。クレイユーキーズとして五作目の今作はシンガーソングライターのyuiを再び迎えた曲になる。

yuiと7月にリリースした『道』はサマーソングだったが『サヨナラSAY GOODBYE』は、クレイが高校生時代に作った曲を元にKafu Satoを中心にクレイユーキーズバンドで生まれ変わらせた至極のクリスマスソングになる。

また、配信ジャケットとMVイラストは引き続きbanishmentが担当。「世界から音が消えた日」は、YouTubeの再生回数が61万再生を超えている。好評だった前回作品に続き、今回もクレイユーキーズの優しいサウンドとbanishmentのイラストの化学反応が見れそうだ。

【クレイユーキーズとは】


アベンジャーズ的バンド「クレイユーキーズ」とは何者か。中心メンバーは元キマグレンのクレイ勇輝を筆頭に、2019年のNHK紅白歌合戦のAI美空ひばりの「あれから」の作曲を担当したKafu Sato、元Aqua TimezのOKP-STARなどになる。そのユニークな活動スタイルは、多くのメンバーがその時々で入れ替わるコミュニティー系のバンドであること。今までのバンド編成の最大人数は9人で主なメンバーは中心のKafu Sato、OKP-STAR、クレイ勇輝、以外にもMartin Johnson (OAU)、杉本雄治(WEAVER)、西岡ヒデロー、上野優華、斎藤アリーナ、諸石一馬(ex.Shiggy Jr.)、SARO、小笠原拓海、Shun (HY)、芹澤”REMI”優真(Special Others)、真船勝博、村山☆潤、西村ヒロチョなど、さらにyui(FLOWER FLOWER)、井上苑子、山之内すずなど華やかなゲストヴォーカリストも合わせ、総勢32名にも及ぶ。このコミュニティーは音楽だけに留まらずbanishmentさえもレギュラーメンバーになる。今後もジャンルを越えて広がるクレイユーキーズに輪に期待を募らせて。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ