高杉真宙、来年4月に事務所独立を発表 「『裸一貫』から活動してみたい」本人申し出

クランクイン!

 俳優の高杉真宙が、現在所属している芸能事務所・スパイスパワーを来年4月に退所することを、16日、事務所公式サイトで発表した。

公式サイトでは、「この度、弊社所属タレントの高杉真宙が、2021年4月11日をもって退所する運びとなりました」と報告。

続けて「弊社は 2009年に福岡で高杉真宙をスカウトした事をきっかけに、スパイスパワーを発⾜させ、初の男性タレントである高杉真宙と共にスパイスパワーも成長してまいりました。この程、高杉真宙より『裸一貫』から活動してみたいという想いの申し出があり、弊社としましても、その男の夢とロマンを応援していく所存でございます」と経緯を説明。「ファンの皆様、関係各位におかれましては、今後とも高杉真宙、弊社ともにご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

高杉は、2009年に舞台で俳優デビュー。『仮面ライダー鎧武/ガイム』(テレビ朝日系)で注目を集め、ドラマ・映画『賭ケグルイ』や映画『糸』、ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)など多数の作品に出演している。

高杉が退所をするスパイスパワーは、内山理名、黒木メイサ、桐谷美玲らが所属するスウィートパワーから派生した事務所で、岡田健史ら若手俳優が所属している。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ