「伝える」ではなく、「伝わる」ための話し方のコツとは?


話すことが苦手で、うまく伝えたいことが伝わらないという人は多いです。そのような人は会話が上手な人の話し方や特徴を把握することで改善できる場合があります。今回は、話が上手な人の特徴や伝わりやすい話し方のコツを紹介していきます。
話が上手な人の話し方とは

話すのが苦手な人は伝えたいことをうまく伝えられず、スムーズにコミュニケーションができないことがあります。そのような場合は、話し方が上手な人の特徴を把握してみましょう。以下にまとめましたので参考にしてみてください。

○■気持ちを理解している

気持ちを理解していると相手に合わせた話し方ができます。表情や態度を話の内容に合わせたり、避けるべき話題を把握したり、相手の知らない言葉は使わないようにしたりすることができます。これらを配慮すれば、聞く側は違和感なく、心地よく話を聞けるようになります。
○■例え話がうまい

話し方が上手な人は、相手に合わせて話の伝え方を変えます。相手の理解力に合わせた例え話を交えることで、相手が内容をイメージしやすいように話すのです。相手は自分でも理解できる話に例えてもらうことで、本来であれば理解することが難しい内容でも、おおよその内容を理解できるようになります。
○■言葉選びがうまい

話し方に優れる人は、話すときに伝えるべきキーワードは何であるか、そのキーワードを記憶に残すためにはどのような言葉を選ぶ必要があるのかを考えながら話します。

また、そのキーワードを相手がしっかりと理解しているのかも観察するため、会話のキャッチボールがスムーズにできるというわけです。
伝わりやすい話し方のコツ

伝わりやすい話し方は、コツをつかむことで誰でも習得可能です。また、話すことが苦手な人でも伝えたいことが伝わりやすくなるでしょう。

○■聞き取りやすい声を意識する

声のトーンを場面ごとに調節することで、相手を話に引き込みやすくできます。重要な場面や悲しい場面などで声のトーンを使い分けることを意識しましょう。聞き取りにくい小さな声は何度も聞き直したり、確認をしたりしないといけないので、相手をイライラさせてしまうこともあるので注意が必要です。
○■話すスピードを意識する

話すスピードが速いと滑舌が悪くなったり、相手が言葉を聞き取りにくくなったりしてしまいます。早口でも滑舌がよくて聞き取りができるケースもありますが、会話のスピードに理解が追いつかない場合もあります。

そのため、相手が内容を理解しながら聞くことができているかを確認しながら、話すスピードを調節する必要があります。話すスピードが適切であれば、相手は会話に心地よさを感じるので好印象を与えられるでしょう。

○■できるだけ簡潔に話す

話すことが苦手な人は、相手によく理解してもらおうとして余分な情報を付け加えすぎてしまうことがあります。余分な情報が多すぎると、相手は結局何を伝えたかったのか理解できなくなってしまいます。

話し方が上手な人の会話では余分な情報がなく、必要な情報をどのような流れで伝えればよいか、会話の内容が整理されています。会話を簡潔にまとめることで相手も理解しやすくなるでしょう。
○■言葉以外も意識する

会話をする際には、言葉だけでなく表情や話のスピード、相手の会話をよく聞くことなど、意識すべきポイントがいくつもあります。

また、身振り手ぶりを取り入れることで、話していることにより注目しやすくなるでしょう。話が苦手な人は、話す内容だけを意識してしましがちですが、言葉以外のことも考えるとよりよいコミュニケーションができるでしょう。
○■相手の表情を読み取りながら話す

会話をする際は、相手が会話をする姿勢を取っていなければ、どれだけ伝わりやすい話し方を意識しても理解してもらえません。

そのため、相手の表情や態度などから会話の興味が失われていないかを確認しながら話を進める必要があります。また、会話の興味を失われないようにするためにも、言葉を選び、冗談を交えて話すことも有効です。
聞き取りやすい声を出すポイント

上手な話し方のコツをつかんでしまえば、話が苦手な人でも伝えたいことを伝えられるようになります。ただ、どれだけ話し方のコツをつかんでも、声が聞き取りにくければ台無しです。そこで、聞き取りやすい声を出すための方法をご紹介します。

○■滑舌をよくするためのポイント

滑舌が悪い人は巻き舌や舌を出し入れするなど舌の筋トレを行い、音をスムーズに出せるようにしましょう。また、会話で舌が回らなくなることも、言葉が伝わらない原因になります。早口言葉などで舌を鍛えておきましょう。うまく発声できているかどうかは、スマホの録音機能などを使って確認するとよいでしょう。
○■発声をよくするためのポイント

会話の際、無理に大きな声を出していると喉を痛めてしまいます。そこでおすすめなのが、自然な発声トレーニングを行い、喉頭をリラックスさせることです。

喉頭をリラックスした状態で発声させる練習として、あくびの後にため息をつくようなイメージでゆっくりと声を出すというものがあります。また、太めのストローや割り箸などを口にくわえて喉の広がりを意識しながら声を出したりする方法があります。自分に合った方法を試してみましょう。
○話し方のコツをつかもう

話すことが苦手で伝えたいことがうまく伝わらないという人は、会話が上手な人の話し方の特徴を理解し、まねをすることでそのレベルを向上させられる可能性があります。話し方のコツつかみ、相手に伝わりやすい上手な話し方ができるようにしましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ