彼のこと、好きだけど疲れちゃった…。恋愛疲れする原因4つ




彼氏とラブラブなはずなのに、ふいに「疲れた……」と感じた経験はありませんか? 恋愛疲れしたときに無理をするのは禁物。もしかすると、向き合い方を変えるタイミングなのかもしれません。
今回は恋愛疲れする原因をご紹介していきます。当てはまる項目がないか振り返ってみましょう。

本音を言えない

「いつも『何を言えば彼は喜ぶか』を考えています。ラブラブでうれしいけど、本音が言えなくて息苦しいです」(20代/保育士)

▽ 恋愛を上手に進めるには相手の目線に立つことが重要。しかし、本心を抑え込みすぎると「ツラい」と感じてしまいます。
本音で生きていれば、自然と価値観の合う人が集まります。もし彼と考えが合わない場合は、やんわりと気持ちを伝えるようにしたり、価値観の合う人との関わりを増やしましょう。

自信が持てない



「すぐ『本当に愛されているかな?』って不安になります。自分に自信がないから疑っちゃって……」(20代/事務)

▽ 自分に自信が無いと、愛されていても「寂しい」「不安」と感じやすくなります。また、過去を思い返して後悔することも増えるでしょう。
自信の無さは「慎重」「努力家」などの長所にも繋がります。心が疲れてしまうほど自信がない場合は、意識的に自分自身を褒めたり、肯定してくれる人との時間を大切にしましょう。

いい彼女になろうと無理をする

「どうしても彼に好きになってほしくて、無理に明るく振る舞っていました。でも、最近しんどいかも……」(20代/エステ)

▽ 誰しも好きな人には「かわいい」「ステキな女性」と思ってもらいたいですよね。恋愛のために頑張って自分磨きするのはいいこと。しかし、無理をしてまで取り繕うと心が疲弊してしまいます。
本当の自分を見せるのが怖い。素を出したらきっと嫌われる。こうした感覚がある場合は、少しだけ力を抜いてみましょう。

断ることができない



「彼はいつも『優しい』って言ってくれるけど、実際は断わることが苦手で……。困る状況でもついOKしてしまいます」(20代/公務員)

▽ 相手の気持ちを考えてなかなか断れないタイプの人は、キャパオーバーするまで我慢を重ねてしまいがち。その結果、恋愛に疲れ切ってしまいます。
恋人・親友・家族の前だけでも少しずつNOが言えるようになると、気が楽になるかもしれません。周囲の人からしても、何が無理なのかわかると接しやすくなりますよ。

恋愛疲れした時には自分を優先してみて

恋愛疲れの原因を覗いてみると、他人への思いやりがある反面、自分を大切にしきれていない印象を受けます。
与えるばかりでは消耗する一方です。他人を優先できるのはステキな長所になるため、自分の価値観も大切にしながら魅力として活かしましょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ