好きな人と食事デートをするときの注意点

ハウコレ



好きな人と食事デートをすることになれば、ウキウキしてしまいますよね。食事デートといえば、恋が始まるキッカケとなる最初のデートですので、これから親交を深めていけば付き合えるかもしれません。

しかし逆に言えば、食事デートは相手に気に入ってもらえるかを決めるデートでもあります。そのため、ここで失敗してしまえば、好きな人は離れていってしまうでしょう。

そのようなことにならないために、今回は好きな人と食事デートをするときの注意点について紹介していきます。

■最低限の食事のマナーを守る
好きな人と食事デートをするときは、最低限の食事のマナーを守りましょう。食事マナーにそこまでうるさい男子は少ないですが、あまりにもマナー違反が多過ぎると、男性が引いてしまったり、人目を気にしてしまったりします。

そのため、ナイフやフォークの使い方、ドレスコード、箸の握り方、くちゃくちゃ音を立てないというような最低限のマナーは守ってください。

最初のデートということであれば、男性もそれなりに奮発して、値段の高い店に連れていってくれます。

しかしそこで男性に恥をかかせてしまえば、その優しさを無下にすることになるでしょう。二度と連絡がこなくなってしまうこともあるため、注意しておいてください。

■会計をするときのマナー
好きな人にデートに誘われれば、多くの場合、彼がおごってくれることになります。しかし一応、会計のときは財布を出し、自分も払うという意志を示しましょう。そして男性が「大丈夫だよ」と言ってくれたら、お礼を言って素直におごってもらってください。

男性がおごるのがあたりまえという態度を取ってしまうと、もともとおごるつもりだったとしても男性は少しイラっとしてしまいます。

そしておごってもらったのですからしっかりお礼を言い、食事デートが終わった後にももう一度、ラインなどでお礼を言ってください。

このようなマナーが守れるかどうかによって、好印象を持ってもらえるかどうかが変わってくるため、注意しておいてください。

■お酒を飲み過ぎない
食事デートのときにお酒をのむこともあると思いますが、テンションが上がったからといって飲み過ぎには注意しておきましょう。

酔っぱらってしまい彼に迷惑をかけたり、暴言を吐いてしまったりすれば、彼はドン引きしてしまうかもしれません。

食事デートにおけるお酒の失敗は、恋の失敗にもつながるため、酔い過ぎないように自制してください。

■彼に好印象を与えよう
好きな人との食事デートは、あなたの第一印象を決めるデートでもあるため、服装やマナー、会話などに注意しておく必要があります。

しかし逆に言えば、それさえしっかりしておけば、彼に気に入ってもらえる可能性が高いです。

最低限守るべきことを守っておけば、彼に嫌われてしまう可能性は低いため、そこだけを注意しておき彼に好印象を与えましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ