『モーニングショー』が再び“コロナ煽り”!? 視聴者からは怒りの声が…

まいじつ

羽鳥慎一 
(C)まいじつ

11月12日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)は、再び感染拡大している新型コロナウイルスを特集。コメンテーターの玉川徹氏が「緊急事態宣言を早くやった方がいい」と発言し、物議をかもしている。

この日の番組では、11日の新型コロナ感染者が東京で317人、大阪で過去最多の256人など、全国で1500人超になったことを報じた。玉川氏はそんな状況を「点じゃないんです面なんです」と指摘。続けて「点の状況であれば、全員検査をやるにしても、少ない人数でやれるわけです。ところが、そういう戦略・戦術ではなく、東京全体で見ないといけない状況になっている。そうすると、検査で感染者と非感染者の接触を断つというのも、あまりにも数が多くて難しくなっている状況になります」と持論を展開する。

そして、「日本はロックダウンできませんので、緊急事態宣言になるんですけど、早い方がいいと思います。わざわざ患者がどんどん増えていくのを待っていれば、その時から収まるのはもっと長く時間がかかってしまうので」と提言した。

依然として続く“煽り報道”に視聴者の怒り爆発


同番組は新型コロナの感染が拡大し、感染者数が右肩上がりになっていくのと比例して、視聴率を伸ばしてきた。その一番の要因は、玉川氏が新型コロナの恐怖を〝煽る〟ことだったと、多くのメディアが報じている。そのため今回の放送に、ネット上では、

《他人に要請するなら、まずは自分から積極的に自粛・休業してください》
《経済が悪化するだけなのに、なぜ無責任な発言をするのか理解できない》
《以前から節穴だらけの発言をする人だから、非常に印象が悪い》
《つい最近まで、GoToトラベルをすごく推してたのに、いい加減すぎる》
《そう思うなら、リモート出演に戻したら? いつも無責任でいいな》
《こういう無知で無責任な言動は許されるべきものではない。お気楽すぎる》

などと怒りの声が上がっている。

「急速に感染者が増大していることから、〝第3波〟の到来が指摘されています。どうやら玉川氏は、これを視聴率アップの絶好の機会と捉えているようですね。スタッフ会議でも新型コロナの恐怖を煽る企画が次々と提出されているという話も聞こえてきます。一時期、同番組に出まくっていた岡田晴恵教授もまたブッキングされるようになりました。視聴者には冷静な判断が求められるでしょう」(芸能記者)

果たして今回も「モーニングショー」が視聴者の注目を集めるのだろうか。今後の番組内容に注目したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ