彼氏に「ほっといて欲しい」と言われたらどうするべき?

ハウコレ



彼氏が落ち込んでいたり、ストレスを抱えていたりすれば、彼女としては心配ですので元気づけられないかと考えるものです。

しかしその当人である彼氏から「ほっといて欲しい」と言われてしまえば、うかつに元気づけようとすることもできません。

とはいえ、彼女としては何かしてあげたいもの。では、彼氏に「ほっといて欲しい」と言われたとき、彼女としては何をするべきなのでしょうか。

■ほっといてあげる
落ち込んでいる彼氏に「ほっといて欲しい」と言われてしまったら、彼女として何かしてあげたかったとしても、彼が言う通りほっといてあげたほうがいいです。

彼とあなたの関係は最も近い関係ではありますが、だからといって全ての問題を解決できるわけではありません。心の整理をつけるため、精神的ストレスを癒すために1人の時間が必要となることもあります。

彼はあなたのことをじゃまだと思っているわけではなく、自分にとって今一番必要なものがひとりの時間だと判断したのでしょう。

そのため、あなたも彼を信じて、彼が望むひとりの時間を与えてあげてください。少し時間が経てば、彼のほうから連絡をくれるはずです。

■身の回りの世話だけしてあげる
彼に「ほっといて欲しい」と言われ、ほっといておくのが一番良いとはわかっていながらも、やはり大好きな彼氏ですので心配ですよね。

実際に本当にひとりにした結果、最悪の結末を迎えてしまうこともあります。そのため、最低限の時間だけ彼の部屋に行き、身の回りの世話をしてあげても良いでしょう。

彼氏は落ち込んでいる状態ですので、家事や料理をする気になれないはずです。そのため、家のことだけをしてあげて、料理を作り置きしておいてあげましょう。

そして極力長居はしないようにして、すぐに帰ってあげてください。そうすることで彼も喜んでくれるははずです。

■お弁当を作ってあげる
彼の身の回りの世話をしたいと思っても、彼が部屋に入れてくれないという場合もあるでしょう。そのような場合は、お弁当を作って持っていってあげると良いです。

お弁当を受け取るだけであれば、彼も嫌がらないでしょうし、彼の助けになることもできます。そのため、栄養バランスの摂れた、彼の好物を作ってあげてください。

ただし、彼の部屋に行ったからといって、無理になかに入らないようにしましょう。そのようなことをすると、お弁当すら受け取ってもらえなくなります。

■ほっといてあげながらできることをしよう
彼が「ほっといて欲しい」と言ったのであれば、基本的にはほっといてあげるのが正解です。あなたがやるべきことは、彼をほっておいてあげながらできることに限られます。

無理に彼の世話を焼こうとすると、ケンカになってしまうこともあるため、そのようなことだけはしないようにしてください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ