玉木宏、本格的なラップパフォーマンス披露 『極主夫道』


俳優の玉木宏が、きょう15日に放送される読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『極主夫道』(毎週日曜22:30~)の第6話で、ラップを披露する。

今回は、龍の舎弟・雅(志尊淳)と純喫茶のアルバイト店員・ゆかり(玉城ティナ)の恋模様が描かれる。雅の思いを知った美久は、龍とともにサポートを約束するが、物語は例によって思いもよらぬ展開に。そして物語後半、それぞれの内なる思いを吐き出すべく、龍が家事ラップを披露する。

ラップシーンの撮影が行われたのは、都内のライブハウス。コメディとは思えないほどガチな雰囲気とあり、一同はやや緊張ぎみだった。

そんな中、玉城がメイキングカメラを手に志尊に接近。はにかむ志尊を撮影すると、今度は玉木に近づきインタビュー。ナチュラルなやり取りを繰り広げ、周囲の笑いを誘った。

また、カメラに映っていることに気づかず「やばい、気抜いてた」とつぶやく志尊に、玉木が「お前気抜いてたんかい!」と龍モード全開でツッコむ場面も。そんなこともあって徐々に場の雰囲気が和んだが、カメラが回ればラッパーさながら、本格的なパフォーマンスを披露している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ