小林麻耶のYouTube、夫の豹変が恐ろしい「あなたたち(マスコミ)は人殺しと一緒です」

wezzy


「あなたたち(マスコミ)は人殺しと一緒です」

部屋の隅でスマホを手に持ちながら、マスコミを痛烈に批判する男性。芸能人でもない、ユーチューバーでもないこの男性はフリーアナウンサー・小林麻耶の夫で整体師の國光吟(あきら。)さんだ。冒頭の台詞は、小林麻央さんの乳がん闘病を報道したマスメディアを痛罵するものだった。

12日、小林麻耶が自身のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」のライブ配信中、「ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けていた」と満面の笑みで発言して笑い転げ、同日に番組を降板・所属事務所の契約も解除されたことで注目が集まっているが、夫婦の動画は見れば見るほど異様だとネット界隈がざわついている。
立川志らくに「あのMC、どうかしてますよ。ダッサ」
 10日の夕方にも国光さんは『コバヤシテレビ局』から1人で配信をしていた。2時間という長時間配信の中で、視聴者からのコメントを拾いながら話していくのだが、徐々に不機嫌になっていき、後半、立川志らくへの批判を始めた。これは、10月29日の放送で、「母親がいないと、子どもにとっては不幸なこと」と発言した志らくに、小林麻耶が「そうは思わない」と反論したことを受けてのものだ。

「こないだね、なんか、『母親がいないのは不幸だ』と言ってる方がいましたけども、『そんなことない』って(麻耶が)言ったら、なんか言い訳がましく言ってましたけどね。あれダサいですね」

「じゃ自分が母親なくしてみなさいよ。そんなことも想像できずに、意見言うな」

「あのMC、どうかしてますよ。ダッサ。『そんなつもりじゃない』とか言い訳してましたけど、ダッサ。言ってたじゃん。何ごまかしてんだよ、男らしくない。自分が正論言ってると思ってんじゃねぇよ。全然トンチンカンなこと言ってっから」

この発言以外にも、國光さんのコメントはすべて批判口調だった。2時間すべて。いや、ほかの動画もほとんどが何かの批判である。小林麻耶と結婚した当初のイメージとは随分異なる。当時は癒し系の優しい旦那さんという印象が強かったはずだ。だが現在、そのイメージからは完全に豹変している。

動画のコメント欄には「汚い飲み方、ふんぞり返った座り方、高圧的な話し方、なんというか…志らくさんの事をとやかく言う前に、貴方は人様に見られているという自覚を持った方が良いのでは??」「なんでこんな男と結婚したんだろうな。本性というか、人間性が酷過ぎる」と、苦言を呈するコメントが並ぶ。「(動画で批判をネチネチ言う前に)各々の事務所を通して書面送付して形式的に謝罪を求めるなどすればいい」と、面と向かって当事者に立ち向かわない姿勢を問う声も多かった。

しかし、小林麻耶はこの夫にベタ惚れのようだ。なんと、この志らく批判動画のタイトルには「神回」とついており、彼女自身、志らくのことを「あのMC、どうかしてますよ。ダッサ」と思っているのかもしれない。

小林麻耶の所属していた生島企画室は、契約終了について「正常なマネジメント業務を行うことが困難になった為」と発表しているが、これでは確かに正常なマネジメントが難しかっただろう。

國光吟さんは「小林吟」名義でYouTubeチャンネルも持っているのだが、そこにある動画は「再生するだけで部屋・空間の浄化」「再生するだけで生理痛の緩和」「再生するだけで小顔効果」などというもの。本業が整体師の国光さんは、動画を再生しながらスマホを患部に当てるだけでも痛みがなくなると主張している。

試しに「腰痛緩和」の動画を見てみると、「腰痛緩和」と書かれた紙が映し出され、そこから10分ほど無言が続き、動画が終わるという内容だった。國光さんが手を当てたりする場面は一切なく、他の動画も同じ構成だった。コメント欄には「詐欺動画ですねこれは酷い。ただ文字を流しているだけの動画」といった批判コメントが大量に書き込まれている。

中には「これ、効きます」「すごい効きました」とコメントしている人もいるが、全て初期アイコンであり、「コメントを買ったのでは?」という疑惑も。YouTubeの「高評価」を売る業者もあり、ある業者では高評価1000で29800円だというからお高い。ヤフオクでもYouTubeの高評価は売り買いされており、入札している人も多い。

妹・麻央さんの闘病に付き添い、その死に大きなショックを受けていた小林麻耶。彼女の結婚を心から祝福していたファンは多く、彼女自身も結婚後は幸せいっぱいのSNS投稿を続けていたが、一体どうなってしまうのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ