諦めた方がいい?男性が本命以外の女性に送る「脈ナシLINE」

カナウ


諦めた方がいい?男性が本命以外の女性に送る「脈ナシLINE」

あまり興味がない女性に対しては、送るLINEの内容も素っ気ないものになりがち。
そういった男性の気持ちに早く気づくことが、ふたりの関係性を変えていくための鍵を握っていると言えるでしょう。
そこで今回は、男性が本命以外の女性に送る「脈ナシLINE」について紹介します。

目次

すぐに「間」を空ける


「面倒な子からLINEが来たときには、あえて間を空けて返信をしていますね。それで会話になっちゃうのを避けているというのが本音です」(30代・男性・通信関連)
ポンポンとテンポよく会話をするのは、LINEの大きな特徴のひとつ。
それなのに、男性がいちいち間を空けて返信をしてくるのなら、あなたと会話をすること自体にあまり乗り気ではないのかも。
ただ、忙しいときに送ってしまっているというケースもあるので、相手の状況を考えてからLINEをするというのは、大前提として考えてくださいね。

とにかく「反応」が薄い


「興味のない女性とのLINEだと、どうしても反応が薄くなってしまう。テンションが上がらないというか、スイッチが入らないというか…」(20代・男性・商社)
脈ナシLINEの典型と言えるのが、とにかく反応が薄いということ。
何を言っても、「うん」「へぇ」「そうなんだ」「わかった」などと、簡単な相槌しか返ってこないのなら、もう話したくないという意思の表れなのでしょう。
話が長い、話がつまらない、相手の興味のない内容であるといった場合は、男性は素っ気ない反応になりやすいので、まずはその点に十分に注意をしてくださいね。

「上辺だけの話」しかしない


「まあ、込み入った話はしないで、上辺だけの浅い会話で終わらせてしまいます。用件だけ伝えたら、それでもういいかなって感じになるかな…」(30代・男性・出版)
用件しか伝えない、事務的な接し方をする、プライベートな部分は明かさない、どこか余所余所しい…。
こういった上辺だけのLINEのやり取りしかしてくれない男性は、あなたにまったく心を開いていません。
ただ、自分から心を開いたり、相手の興味のある話をしたりして、少しずつでも距離を縮めていく努力をすれば、興味を持ってくれるようになる可能性はあるので、すぐに諦める必要はないですよ。

曖昧に「返事を濁す」


「好意を持っていない女性から誘われたりしたときは、曖昧なことを言って逃げますね。同じ会社の人とかだと、無下に断ったりもしにくいですしね」(20代・男性・WEBディレクター)
例えば、食事のお誘いLINEなどを送った際に、曖昧な返事で濁してくることが多い男性は、行く気がないというのが本音なのでしょう。
あなたに興味があるのなら、本当に忙しくて行けなかったとしても、別の日程を提案してくるはず。
曖昧にしてのらりくらりと話をすり替えるというのは、角が立たないようにしながら上手にかわす典型的な行為だと言えますよ。

さいごに


今回紹介したような脈ナシLINEが送られてきたからといって、すぐに諦めなければいけないわけではありません。脈ナシであることにちゃんと気づいて、接し方などを変えていければ、男性の思いが変わることだってあり得ますよ。
(山田周平/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ