小林麻耶は「思ったことを分かりやすく主張できる素晴らしい表現者」と田村淳 だからこそ「具体的な説明を」

朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)でメインコメンテーターを務める田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が、小林麻耶が同番組を降板したことについて生放送のラジオ番組で言及した。一部スポーツ紙が13日に報じた「CM中にスタジオで“誰か私のことを抱きしめてくれませんか”と小林が動揺していた」という件について、田村は事実であることを認めている。

11月14日放送のラジオ番組『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)で番組冒頭、アシスタントの砂山圭大郎アナが「正直に聞きますけど、『グッとラック!』は何があったんですか?」と攻め込んできた。同番組の木曜レギュラーだった小林麻耶の降板が12日に明らかになり、同日には所属事務所である生島企画室から「マネジメント業務が困難」として契約解除が発表された。TBSは降板の理由として「小林さんと番組との間で日程的に合わないことがあり、小林さんは番組から離れることとなった次第です」と説明し、彼女がYouTubeで「自分が担当したファッションコーナーでの番組スタッフからいじめられた」と主張している点については、「事実ではありません」と否定している。

田村淳によると『グッとラック!』と小林の出演契約を結んでいたのは生島企画室であり、その所属先を契約解除された彼女についてこの先も同番組内で触れることは無いだろうと言う。ただ田村自身はテレビ、ラジオを含めいろんな番組に出演しているので、そこで聞かれれば「事実を伝えていきたい」としている。

また砂山アナから、同番組10月29日の生放送でメインMCの落語家・立川志らくが「母親がいないと子供にとって不幸なこと」と発言したことに、小林が「母親がいない人が不幸という言い方は、個人的には嫌いです」などと涙で反論した後、CM中のスタジオで「誰か私を抱きしめてくれませんか」と動揺していたというのは本当か―という疑問が向けられた。すると田村は、確かに小林がCM中に席を立ち「あぁ、誰か抱きしめて欲しい」と言いながら動き回っていたこと、そして「淳さん抱きしめてくれませんか?」と頼まれて断ったこと明かした。「いやいや、この中で抱きしめられるのは(女性の)若林アナだけじゃない?」と勧めたが、「いや~男性じゃないとダメなんです…」とオロオロしていたそうだ。田村は実際に会ったことも挨拶されたことがないが、小林の夫・あきら。さんは同番組のロケに同行するだけでなく彼女がレギュラーを務める木曜日には一緒にテレビ局入りしていると聞いたことがあるという。志らくと激論を交わした後はかなり興奮していたようで、夫を探したものの見当たらず不安を覚えたのだろうか。

一部ネット上で志らくに真っ向から反論したことや、米大統領選挙の特集で「バイデンさんの過去が気になるから」と自ら“トランプ支持派”だと小林が語ったことが降板の理由だと取り沙汰されているが、田村は「少なくとも『グッとラック!』では、言論を封殺するようなことは全くない」と否定。「こんなことは言ったから、もう出さない」と番組を降ろしたりはしないことを断言した。

そんな小林について、田村は「思っていることを、自分の言葉で分かりやすく主張できる素晴らしい表現者」と評している。だからこそ「番組スタッフにいじめられた」と言いっ放しにするのではなく、何があったのかを具体的に説明して欲しいのだ。田村が聞いているのは、ロケに同行しているあきら。さんへの対応で担当ディレクターが相当疲弊しており、いじめの事実は出てきていないらしい。そして小林さえ良ければ、公式YouTube「ロンブーチャンネル」で話を聞きたいと願っていた。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ