材料を入れてランチには食べごろ♡ジャーで作るスープレシピ

Sheage


寒い冬、お弁当派の方もランチタイムに温かいものが食べられたら嬉しいですよね。そこで、スープジャーの保温力を利用した「保温調理」で作る「白菜とベーコンの豆乳スープ」のレシピをご紹介します。朝にひと手間かけて作っていけば、お昼には、ほっこりと体が温まる美味しいスープが楽しめますよ。

忙しい朝もサッと作れる「白菜とベーコンの豆乳スープ」


photo
出典:https://www.thermos.jp/recipe/detail/fo_2025.html

冬が旬の白菜を使ったスープ。豆乳を入れることで腹持ちもアップします。スープジャーの保温機能を利用して調理するので、具材を切ったら熱湯や沸騰した豆乳を注ぐだけ。忙しい朝でも手軽に作れます。

材料


白菜・・・50g
ベーコン・・・1枚
<A>
水・・・100ml
豆乳・・・100ml
コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1/4

作り方


白菜は細切りに、ベーコンは短冊切りにしてスープジャーに入れます。熱湯を注ぎ、フタをせずに2~3分おいておきます。
鍋に<A>を入れて中火にかけ、沸騰したら火を止めます。
スープジャーの中のお湯を捨て、(2)を注いでフタを閉じ、2時間以上保温します。

ベーコンはウインナー、豆乳は牛乳でも代用可能です。スープはサッと沸騰させる程度にしましょう。あまり沸騰させると分離してしまいます。

お手入れも簡単。軽やかなカラーリングのスープジャー


photo
出典:https://sheage.jp/article/66591

今回のレシピには、サーモスの「真空断熱スープジャー」を使ってみてはいかがでしょう。明るいカラーリングが軽やかな印象で、目にするだけでランチタイムがより楽しい時間になりそう。フタを少し回すと中の圧力を逃がしてくれる構造により、開けやすくなっています。さらに、フタはパーツが分かれるので、お手入れも楽々です。

サイト内ではスープジャーで楽しめるレシピをさまざまにご紹介しています。温かいスープから冷たいデザートまで楽しめるスープジャーを、ぜひランチタイムのお供に選んでくださいね。

(左)真空断熱スープジャー/JBT-300 3,058円(税込)

(右)真空断熱スープジャー/JBR-300 2,728円(税込)

writer / NIKO
 photo / サーモス

取材協力

サーモス
https://www.thermos.jp/recipe/foodcontainer/

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ