流行語大賞ノミネートで話題!ヒロシが教える「冬のソロキャンプ入門」

日刊大衆


ヒロシ

消費が低迷した2020年にブームとなったのが、ソロキャンプ。

「ソロキャンプ」という言葉が「新語・流行語大賞」にノミネートされ、ブームの顔とも言えるヒロシ氏(48)のユーチューブチャンネルの登録者数は100万人を突破。『週刊大衆』9月7日号に掲載した、ヒロシ氏監修によるソロキャンプ企画も大反響を呼んだ。

そんな中、今回は読者諸兄の熱い要望にお応えし、ソロキャンプのハウツー企画第2弾として、寒い季節のキャンプの楽しみ方を紹介する。ヒロシ氏のキャンプ仲間の芸人で、野外料理研究家のベアーズ島田キャンプ氏(43)も参戦!

“ソロキャンプ”とは、文字通り一人でキャンプをすることである。人間関係の煩わしさから抜け出すためにソロキャンプを始めたヒロシ氏は前回、こう語っていた。

「自分の時間ぐらいは、やりたいように過ごしたい。ソロキャンプはそれができるのが大きな魅力ですね」

一人で移動し、一人で食事を作り、一人で食べて、一人で寝る。誰かに気を遣う必要はなく、自分だけの時間を過ごせる。ソロキャンプには、究極の自由があるのだ。

「気分次第で、やりたいことをやる。やりたくないことはやらない。それこそが最高のぜいたくなんです」

そんなこともあって、“ヒロシ流”ソロキャンプはストレス社会で生きる中高年男性の共感を呼んでいるのだ。この現象を、ヒロシ氏自身は、こう考える。

「僕もおじさんですが……おじさんであっても、少年の心を持っている人が多いんじゃないですかね。でも、少年時代と違って皆さん、それなりにお金はある。言ってみれば、“お金を持った少年”なんですよ、おじさんは」

たとえば、いいナイフを買う、火起こしにトライする、車をカスタマイズするなど、キャンプには、“お金を持った少年”の心を満たしてくれる要素が詰まっているのだ。

■ソロキャンプの良さは「わびさび」

 また、ヒロシ氏は人間は年齢を重ねることで、価値観が変わるのも大きいのではないかと言う。

「若い頃は街に憧れるじゃないですか。だから、僕も田舎から東京に出てきた。たとえば、もし当時の僕が枯れ葉を見ても、なんとも思わなかったでしょう。でも、だんだん、おじさんになってくると街がうっとうしくなってきて、逆に枯れ葉に惹かれるようになった。“わびさび”みたいなものが分かってきたんですね」

そのわびさびを強く感じられる季節が冬である。キャンプは夏のレジャーだという印象もあるが、人と距離を置くという面でも、実は冬が絶好の季節なのだ。

人との接触が少ないキャンプ場を好むヒロシ氏は、こう力説する。

「夏に比べたら、人が断然少ないのが冬キャンプの魅力です。ブームになって、今後はもう少し増えるかもしれないですが……」

「焚き火会」という、ヒロシ氏も属するソロキャンパー芸人のグループがある。ソロキャンプなのにグループというのは矛盾するようだが、彼らは同じ場所に行っても、別々に行動する。

その「焚き火会」の一員で、“野外料理研究家”であるベアーズ島田キャンプ氏は、風景がクリアに見えることも冬キャンプの良さだという。

「空気が澄んでいて、たとえば富士山の見え方も、全然違います」(島田氏)「冬は星もキレイですしね」(ヒロシ氏)

寒い季節にしか見られない、美しい自然の風景が見られるのだ。

11月16日発売の『週刊大衆』11月30日・12月6日号では、冬のソロキャンプのコツやキャンプ料理のレシピを大公開。これを読めば初めてのソロキャンプもバッチリ!

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ