好きな人と会話するときに好印象を持ってもらえるテクニック

ハウコレ



好きな人と電話や対面で会話するときは、ドキドキしてしまうものです。しかしそのようなドキドキが原因で、大失敗してしまったことがあるという人も少なくないでしょう。

もしもそのようなことになれば、好きな人から嫌われてしまうかもしれません。そこで今回は、好きな人と会話するときに好印象を持ってもらうためのテクニックをご紹介していきます。

■声のトーンを上げる
好きな人と話をするとき、好印象を与えたいのであれば、声のトーンを上げましょう。好きな人から電話がかかってくると、思わず声のトーンが上がってしまうものですが、それを意識的に行うのです。

声のトーンが上がればそれだけで女性らしさを感じさせることができます。また、あなたが楽しく会話していることが伝わるため、相手としても嬉しさを感じるものです。

しかしあまりにも意識し過ぎて、トーンを上げ過ぎてしまうと変な声になってしまいます。自分のテンションが上がった時に自然とトーンが上がるものですので、そのときの声を覚えておき、彼の前で実践してみましょう。

■相手の話を楽しそうに聞く
相手の話を楽しそうに聞くというのも、好きな人から好印象を持ってもらうためのテクニックです。

好きな人と会話するときはテンションが上がるため、自分の話をしてしまう人も多いですが、そのようなことでは好印象を持ってもらうことはできません。

やはり自分の話をするほうが楽しいものですので、相手に話をさせたほうが好印象を持ってもらえます。そのため、相手の話に対して、驚いたり、笑ったりと表情豊かにリアクションを取ってください。

そうすることで好印象を持ってもらえるようになるため、相手の話を楽しむということを意識しておきましょう。

■話題を提供する
特に電話をしているときに大切なこととなってきますが、話題を提供するということを常に意識しておきましょう。

自然に様々な話ができる関係性であれば良いですが、まだそれほど親密ではないと、会話が止まってしまうこともあります。そうなると、沈黙の時間が流れることになるでしょう。

そのようなことを防ぐために、会話の中で相手に質問をしたり、話題を提供したりしてみましょう。そうすることでスムーズな会話ができるようになり、あなたと話している時間を相手が楽しめるようになります。

■緊張による失敗を防げるようになる
好きな人と会話するときはドキドキして、いつもの自分ではいられなくなってしまうことも多いです。しかし様々な対策を取っておけば、緊張による失敗を防げるようになります。

その上で彼に好印象を持ってもらえるようになるため、今回ご紹介したテクニックを実践してみてください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ