ビートたけし、コロナ感染拡大と経済対策のジレンマに言及 「どっちがどっちか…」

しらべぇ




14日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にビートたけしが出演。新型コロナウイルスの国内新規感染者数が増えてきたことを特集するとたけしは国の対応に言及した。

■国内新規感染者数が急増


同日の全国感染者数は、最多の1731人、東京では352人となった。8月の第2波では、「夜の街」関連で、若い人の感染者が多かったが、10月第3波では家庭内や職場感染が主で、年齢にバラつきがあるようだ。

関連記事:『TVタックル』ビートたけし、GoToトラベルとコロナに持論 「普通に外歩きたいだけ」

■どっちつかずな政策に


たけしは「片っぽはGoToイートとかやってるよね」と政府主導の経済政策が進んでいることに触れつつ、「経済回さなきゃしょうがないっていうのと、感染を防ぐのは表裏一体になっちゃってて、どっちがどっちか…」と一貫性のない対応に困惑していた。

■GoToトラベルには批判的な意見も


経済政策をしながら、その裏で進む感染拡大。現状はGoToトラベルの見直しもしないとしている政府の対応に「GoToやってこうなることはわかってたのでは?」「経済回さなきゃというのはわかるけどなぁ」と現在の経済政策に批判的な意見が多くみられた。

■約8割の人が「コロナが怖い」


日本でも一気に感染者が増え、ヨーロッパを中心に猛威を奮い続けている新型コロナ。様々な情報がわかってきたものの、それでもやはり未知の恐怖は消えないものだ。

しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,880名を対象に調査を実施したところ、全体の79.2%が「新型コロナウイルスが怖い」と回答した。



GoToトラベルがなければ観光業界に従事していた人がもたなかったかもしれないことも考えると、一長一短だ。しかし、冬の寒さが本格的になり、明確に第3波がきている状況を見ると、見直す必要があるかもしれないと思わされる。

・合わせて読みたい→Go Toキャンペーン、東京追加決定も開始時期は判断持ち越し 賛否は真っ二つに

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ