「不倒翁」読める?長生きしているお爺さんじゃないです。懐かしい玩具の名前

日刊Sumai

読めそうで読めない「不倒翁」
翁(おきな)は年を取った男性のこと。かぐや姫を見つけたお爺さんのことを「竹取の翁」と言うし…。足腰の強いお爺さん?それとも…長生きしているお爺さんのこと?
ブッブー!不正解。さて何と読むでしょう?
ジャンプ競技で使う最長不倒距離の「不倒」の意味が分かれば一歩前進
スキージャンプ競技
digi009 / PIXTA(ピクスタ)
冬季オリンピックの日本の得意競技にジャンプがあります。1972年の札幌冬季オリンピックでは、日本人3選手がメダルを独占。それ以来、親しみを込めて日本のジャンプ陣のことを「日の丸飛行隊」と呼ぶようになりました。
このジャンプ競技で使われる最長不倒距離は、転倒せずにもっとも遠く飛んだ距離のこと。「不倒翁」の不倒も、文字通り「倒れない」「転ばない」の意味です。
でも、「倒れないお爺さん」って何でしょう?
昔の玩具だけど、最近はキャラクターグッズも登場!
倒しても起き上がる不倒翁
内蔵助 / PIXTA(ピクスタ)

正解は「おきあがりこぼし」です。

起き上がり小法師とも書きます。重心を利用して、転がしてもすぐに立った状態になる玩具のことです。
中国の明の時代に、酒を酌み交す場での余興に使われたのが始まり。転がしても必ず起き上がる姿から、「不倒翁」と名付けられたそう。倒れない(死なない)=不老不死の意味でとらえられて、縁起のいい玩具と考えられてきました。
ネバーギブアップ!映画『ロッキー』に登場する不屈の主人公みたいで、玩具とはいえなんかカッコいいと思いませんか。
赤ちゃんの好きなオモチャ
nt / PIXTA(ピクスタ)
日本では赤ちゃん向けの玩具としても長く愛されてきました。覚えていなくても、実は生まれてはじめてのお気入りの玩具が「おきあがりポロンちゃん」という人は多いのではないでしょうか?
ネット通販サイトで検索してみると、最近はキャラクター物が人気のようです。「アンパンマン」や「となりのトトロ」、「チコちゃんに叱られる」のチコちゃん、ディズニーのキャラクターまで!
不倒翁はいまも最長不倒を更新中のようです。
この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「木耳」
木目、木口…では「木耳」とは?中華でお馴染み、木から生える食べ物でした

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ