まるでゴジラ! ゴルフ場に巨大ワニ出没「これまでで最大では?」の声も(米)

復員軍人の日 (Veterans Day)でアメリカの祝日だった今月11日、フロリダ州では熱帯性暴風雨(トロピカル・ストーム)「イータ(Eta)」に見舞われあいにくの悪天候となったが、南西部の都市ネイプルズでは「これまでに最大では?」との声があがるほどの巨大ワニ(アリゲーター)が動画に収められた。『Orlando Weekly』『Tampa Bay Times』などが伝えている。

巨大ワニを撮影したのは、米フロリダ州ネイプルズの「バレンシア・ゴルフ・アンド・カントリークラブ(Valencia Golf and Country club)」のアシスタントプロ、タイラー・ストルティングさん(Tyler Stolting)で、同クラブのFacebookに動画を投稿すると瞬く間にシェアされた。

動画には、

「これはすごい!」

「まるで映画『ゴジラ』のよう。」

「モンスターだ!」

「映画『ジュラシック・パーク』に出てきそうだね。」

「足の位置を見てよ。身体が持ち上がっている。」

「こんな大きいサイズは見たことない。これまでの最高記録では?」

といった驚きの声があがり、なかには「これはフェイクだろう」というコメントもあったが、タイラーさんは翌日に地元メディア『Tampa Bay Times』のインタビューに応じて次のように語っている。

「午後2時頃だったよ。ゴルフカートを運転していた時に、17番ホールにワニがいるのを発見したんだ。これまでにもワニは見たことがあるけど、あれだけ大きいのは初めてだね。近づいて見て、さらに衝撃を受けたよ。」

ワニはその後、水の中に姿を消したそうで、タイラーさんは警察やフロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWC)には連絡しなかったという。

ちなみにFWCによると、これまでフロリダ州で捕獲されたアリゲーターの最長記録は、同州西部ブレバード郡ワシントン湖で記録されたオスの435.6センチ(14フィート3.5インチ)で、体重の最高記録は同州北部アラチュア郡オレンジ湖で記録されたオスの473キロ(1043ポンド)だという。

フロリダ州には全米で最も多い1250以上のゴルフコースがあると言われ、水辺が近く餌が豊富であることからコース内でワニを見かけることは珍しくないが、ワニがゴルフ場などで人を襲うことは滅多にないという。

なお今年8月にはインドネシアで、長年にわたり人を襲ってきたとされる人食いワニが捕獲されていた。このワニはクロコダイル科で、全長4.5メートル、重さは500キロを超える巨体だったそうだ。

画像は『Orlando Weekly 2020年11月12日付「Gigantic alligator takes a leisurely tour around Florida golf course」(Screen capture courtesy Valencia Gold and Country Club)』『Tampa Bay Times 2020年11月12日付「Huge alligator spotted on Florida golf course during Eta」(Facebook)』『Matt Devitt 2020年11月12日付Twitter「HUGE FLORIDA GATOR!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ