吉田美月喜、YOASOBI原作小説初の映画化で抜てき 「高校生らしい初々しさ」を意識

クランクイン!

 今年、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)や『就活生日記』(NHK)、映画『鬼ガール!!』に出演し、存在感を放つ女優の吉田美月喜。話題のYOASOBI原作小説初の映画化となる『たぶん』では、メインキャストの女子高生役に抜てきされた。プレッシャーの中「高校生らしい初々しさ」を意識したと話す吉田は、芸能界に入って4年目。17歳にして、「撮影現場で毎回、自分の未熟さを感じて、もっとやりたいという原動力に変えている」としっかりと自分を見すえる彼女の俳優業への思いとは。

■スポーツ少女から女優へ スカウトされ芸能界入り

2017年にスカウトされて芸能界入りした吉田。スラリとしたスタイルと大きな瞳が印象的で、街を歩いていれば周りの人の目を引くであろう吉田だが、「まさか私が、芸能事務所に入れるなんて思ってもいなかったんです」と話す。

「小学生の頃からバレエやテニス、バスケットボールをやっていて、スポーツにしか興味がなかったんです(笑)。体を動かすことがとにかく楽しくて。なので、(スカウトで)声をかけていただて、自分でも驚いていました。それで、改めて考えてみたら、演技をやりたいという思いが湧いてきて、今の事務所に入ることになりました」。

そんな吉田は現在、高校生。自粛期間中は、「アニメを見たり、レジンアクセサリーを作ったり、初めてのことにもたくさん挑戦しました」と、1人で無心になって熱中できることが増えた。マイブームを聞くと、「アイロンがけ」という意外な返答も。

「コロナの影響で、家にいることが増えたので、それまであまりできていなかった洗濯のお手伝いもするようになったんです。そうしたら、それが楽しくて。特に、太陽の光が入る窓際で、カフェミュージックをかけながらアイロンをしている時間が大好き! アイロンの熱気が暖かくて、ほんわかした気持ちになれるんです」。

■“YOASOBI”の原作小説を原案とした映画に抜てき プレッシャーの中で意識した「高校生らしい初々しさ」

プライベートではかわいらしいマイブームを明かす一方で、女優としては着実に成長を重ねる吉田。11月13日から公開中の映画『たぶん』では、透明感のある演技で魅了する。

同作は、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIの第4弾楽曲「たぶん」の原作小説を原案とした作品で、社会人・大学生・高校生の3組の男女が紡ぐ切ない恋を描く。吉田は「川野と江口」のパートで、高校サッカー部のマネージャー・江口役として出演。寄川歌太演じる、サッカー部の川野とビデオ通話で会話しながら、東京へ引っ越すことを告げられない切ない心情を表現する。

今回、江口役はオーディションで決まった役だ。改めてオーディションを振り返ってもらうと、「Yuki Saito監督はすごく話しやすい方という印象があって、(オーディションで)自分のこともすんなり話せたんです。なので、オーディションが終わった後も、すごく楽しいオーディションだったって感じました。ぜひこの監督とご一緒させていただきたいと思っていたら、決まったので、ワクワクしました」と笑顔で語ってくれた。

一方で、「YOASOBIさんの楽曲は私も大好きでよく聴いています。周りの友達もみんな大好き。そんな、たくさんの方から愛されている楽曲の原案を映像化した作品だからこそ、その雰囲気を壊さないようにしなきゃっていうプレッシャーもありました」と明かす。

「原案の小説は別れを描いていて、悲しいけれども、どこか柔らかくて優しい雰囲気がある作品だと私は感じていました。それをどうやって出したらいいんだろうというのが、私の中で演じる上でのポイントになりました」。

撮影では、「高校生らしい初々しさ」も意識したという吉田。「ほかの2つのエピソードは、大学生と社会人のペアの話。私たちは高校生という設定だったので、周りの雰囲気に溶け込みながらも、高校生らしさを出そうと思いました」と語る。

「どうしたらいいんだろうと悩みましたが、江口の素直に思いを伝えられないところは私自身にも似ていたので、そのままの私で演じました。(川野役の)寄川くんも私と同じ高校生で年齢が近かったこともあり、気付いたら自然と初々しさが出すことができたと思います」。

■目指すは“芯をしっかりと持った“俳優

現在さまざまな作品に出演にし役作りや表現方法に悩むこともあるが、事務所に入ってから受けた演技レッスンでは“演じること”への思いを強くした。

「自分がこのまま生きていたら、きっと就かないであろう職業や私とは全く違う性格の人間になれるのが楽しくて、もっとこんな役もやってみたいという欲が出てきました」。

今では多くの撮影現場で先輩たちと共演し「毎回、自分の未熟さを感じて、もっとやりたいという原動力に変えている」と話す吉田が目指すのは、芯のある俳優。「活躍されている俳優さんは皆さん、唯一無二の武器を持っていらっしゃる。それでいて自分らしさもある。私もそういう、芯をしっかりと持った俳優になりたいです」と力を込めた。

10代らしい透明感と時折見せる大人っぽい表情が印象的な吉田。今後、挑戦してみたい役を尋ねると、「いつかは女教師役をやりたいんです。ちょっとダークで厳しくて怖いけど、そこに愛があるという教師に憧れます」と目を輝かせた。吉田が、どのような道のりを辿って、成長していくのか。今後も彼女の姿から目が離せそうにない。(取材:文:嶋田真己 写真:高野広美)

映画『たぶん』は全国公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ