いて座に声をかけられたらチャンス! 12星座別「彼の脈ありサイン」

ananweb

彼の態度や発言から、その本音がわかるなら知りたいですよね。そこで今回は、12星座別に「彼の脈ありサイン」をまとめました。彼が好きな女性に対してどんな言動を見せるのか見ていきましょう。
文・沙木貴咲

■ 12星座別「彼の脈ありサイン」

■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は「いいな」と思う女性がいたら、とてもわかりやすい行動を取ります。

じっと見つめる、自分から話しかける、お茶や食事に誘うなど、脈ありとわかるアプローチをしてくるでしょう。

おひつじ座は典型的なハンタータイプなので、基本スタンスは攻め。愛情表現もストレートで回りくどい駆け引きを嫌います。

疑う余地もなく、「私は彼に好かれている」と実感するはずです。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座は自分の好みにブレがなく、第一印象で「この人と付き合いたい」と決めることが少なくありません。また、おとなしそうに見えて意外に腹が据わっているため、いざとなると大胆な行動を取る可能性も。

とはいえ、おうし座は基本的にマイペースで焦ることがないタイプ。マメではなく、気取って好きな人に気に入ってもらおうとする意識が低いので、LINEや普段の態度で気持ちを探るのは難しいでしょう。

素っ気なく見えても、彼が「会いたい」と言うなら脈ありと見て良さそうです。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座は社交的でポーカーフェイスが上手。その気がなくてもLINEやデートに付き合ってくれるため、本音を探るのは簡単ではないでしょう。

こちらから「私のこと好きなの?」と聞いてもはぐらかされるかもしれません。

そんなふたご座男性が本気になると、束縛や俺様気質がチラチラ見えてきます。男友達の話にイヤな顔をするとか、「俺の言うとおりにしてほしい」など独占欲が出てきたら脈ありでしょう。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座は男性でも母性あふれる世話焼きタイプ。本命視する女性に対しては何かと面倒を見たがります。

「大丈夫?」「何かあったら相談して」「なんでも話聞くよ」といった発言をよくするなら脈ありでしょう。

また、かに座男性は好きな女性のことをすべて把握したいので、LINEでは「今なにしているの?」といった質問が多くなりがち。夜遅くの帰宅や男性も同席する飲み会をお母さんのように心配することもあります。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性はオープンで自分の気持ちを隠すようなことはしません。「好き」と思ったら正直に恋心を見せてくるでしょう。

積極的で自信家なので、狙った女性は必ずモノにすると考えるタイプです。

LINE交換をしたがったり、ふたりきりの食事に誘ったりと「もしかして……?」と考えなくても好かれていると自覚できるはず。アプローチがストレートすぎて困惑してしまうかもしれません。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座は緻密なアプローチをするので、脈ありサインがわかりづらいタイプ。

気になる女性の友人とまず仲良くなるとか、好きな人の好みや趣味に詳しくなり共通点を作ってアピールするなど、さりげなく距離を縮めてくるでしょう。

おとめ座の場合、彼が自分に対して何をするかではなく、彼の好きなことや仕事について聞いたときにどんなリアクションをするかを見た方が良さそうです。

テンション高めで詳しく語り始めたら、「好きな人に興味を持ってもらえてうれしい」という脈ありサインになります。

■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座は好きな女性をしっかり口説き落とすタイプですが、ガツガツしたアプローチはしません。女性をドキッとさせるようなことを言ったり、紳士的に振る舞ったりして相手の気持ちを上手に惹きつけます。

脈ありかどうかを見極めるには、彼発信のLINEの多さが最初のポイント。次に、ロマンチックな言葉を言うかどうかが次のポイントになるでしょう。

思わず赤面するようなセリフ・LINEのメッセージも、本命彼女にはすんなり言えるのがてんびん座男性なのです。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性はシャイで恋に不器用。好きな女性の前では堅くなりがちで、あまのじゃくで素っ気ない態度を取ることも珍しくありません。

ただ、そうしたぎこちなさが逆にわかりやすい脈ありサインになります。

ほかに人がいれば目も合わせないのに、一対一で話すと積極的に質問をしてきたり、饒舌になったりするでしょう。

あなた自身が気づけなくても、周囲の人が「彼はあなたのことが好きみたい」と教えてくれるかもしれません。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座男性の脈ありサインは、「一対一でじっくり話したい」というアピールがあるかどうか。裏表がなく駆け引きが苦手なため、気になった女性には自分から歩み寄りますし、話すことで内面を知ろうとします。

いて座はノリが軽いイメージがありますが、外見だけで判断することはほとんどありません。会話からフィーリングを判断するので、お茶や食事に誘ってくれば脈ありと見ていいでしょう。

正直者ですから、その気のない女性にいい顔をすることはなく、興味のある人にしか声をかけないタイプです。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座は恋愛に対する関心が薄いところがあり、基本的に奥手。でも、根はしっかり者で度胸もあるため、「いいな」と思ったら臆せず自分からアプローチするでしょう。

決してスマートとは言えないのですが、やぎ座の男性は正直に自分の気持ちを伝えようとします。好きな人を守りたい願望が強いため、何かと面倒を見たがり、親切な態度をとることも多いはず。脈ありかどうかわかりやすいタイプです。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座は友情の延長上で愛を育みたいタイプ。サッパリした恋を好むため、脈ありサインは曖昧でわかりづらいかもしれません。

それでも、あなたの話すことに興味を示して「俺も好き」と同調したり、あなたよりも詳しく語ったりしたら恋している証拠。みずがめ座はそもそも友人として仲良くできない人とは付き合えないので、共通の好みや趣味が多い女性を恋愛対象に見るでしょう。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座男性は好きな人に「何かしてあげたい」と考えるタイプ。でも、駆け引きやキザなセリフを言うのは苦手なので素朴なアプローチが多いでしょう。

会うたびにちょっとしたプレゼントをくれる、食事をおごってくれる、「そこまでしなくていいよ」と思うほど親切にしてくれるといった脈ありサインは比較的わかりやすいはず。

うお座男性はピュアで素直なので、あなたの前でいつもニコニコしてうれしそうなら、気がある証拠です。

(C)Yagi Studio/gettyimages(C)Yusuke Nishizawa/gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ