「どうしよう、もう遺棄しちゃった」 ミステリー作家が『遺棄現場』に選んだ場所を検索すると?

grape

※写真はイメージ
2020年11月13日、ミステリー作家の北里紗月さんがTwitterを更新。その内容にクスッとする人が相次ぎました。

現在新作を執筆中の北里さん。物語に登場する『死体遺棄現場』をGoogleマップで検索したところ、とんでもないことに気付いてしまったといいます。

警察署の前で遺棄しちゃった…!

北里さんは「知っている場所ならば死体遺棄に最適」と思い、その場所を選んだといいます。地図を見て気付いた時は、とても驚いたそうです。

ネット上ではさまざまなコメントが寄せられました。

・灯台もと暗しを地で行く大胆な犯人ですね。

・まだ間に合いますよ。警察に見つからないように回収しましょう!

・大胆不敵!挑戦的でいい展開だと思います。

・笑いました。第一発見者を警官にしちゃえばいいかも。

「死体遺棄現場の変更、もしくは強行については犯人とよく話し合って決めていきたい」とつづっていた北里さん。

相談の結果、どこに死体を遺棄したのか気になってしまいますね。作品の完成が待ち遠しいと多くの人が思ったことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典 @kitazatosatuki

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ