小林礼奈、「困窮生活脱却」のカギは「作家路線」転身にあり!?

アサ芸プラス


 10月1日にお笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎との離婚が報じられた小林礼奈。かつてはモノマネタレントとして活躍していた彼女だが、今春所属事務所を退社し、4歳の女児を育てるシングルマザーとなったいま、金銭的に困窮していることをブログで告白している。

10月30日の「アルバイトがしたいのだけど」と題した投稿では、「どんなバイトがいいかな?」とアルバイトへの意欲を見せる一方、「私すぐクビになるからな」「居酒屋はハンディーが覚えられずファミレスは、いじめられて、制服隠されたり。携帯販売は難しすぎて最速2日でクビ」と芸能活動以外の仕事に対する苦手意識を吐露していた。

今後、芸能界復帰による生活の立て直しは可能なのか。

「彼女が以前のように芸能界で輝きを取り戻すのは極めて困難ではないでしょうか」と指摘するのは芸能関係者だ。こう続ける。

「瀧上との離婚直前に世間を騒がせた『ブログ夫婦喧嘩』しかり、ブログの文面から情緒不安定な様子が伝わってくる。普通の番組ならトラブルが怖くてキャスティングを避けざるを得ない状態です」

もっとも同関係者は「決して万事休すではないはず」と付け加える。

「2014年から約2年間、彼女が養豚場で働いていた際の日記がユーモラスな筆致で話題となったように、彼女には類まれな文才がある。エッセイストや小説家など『作家路線』に転身を図れば光明が見えてくるのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

小林の今後を見守りたい。

(山倉卓)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ