小林麻耶の“瞑想”生配信にドン引き「洗脳されてる感ヤバい…」

まいじつ

小林麻耶 
(C)まいじつ 

情報番組『グッとラック!』(TBS系)を降板し、所属事務所との契約を突然終了した元TBSのフリーアナウンサー・小林麻耶が11月13日、自身のYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』を更新。ライブ配信で15分の〝瞑想〟を行い、ネット上をざわつかせている。

この日、小林は恒例となっている早朝からのライブ配信を開催。夫婦揃って「おはようございま~す」とあいさつすると、「妻です」「夫です」とお互いを呼び合い、ベタベタぶりを見せつけた。そして、夫の〝あきら。〟が「初めての方もいると思いますので、瞑想を皆さんと一緒に15分間ほどやりたいなと思っています」と切り出し、15分近く夫婦で瞑想する動画が流された。

「延々と2人が静止する映像が続きましたが、その後、瞑想が終わるとあきら。が『今日はこれで終わりたいと思います』と発言し、そのまま配信が終了しました。これには視聴者も肩透かしをくらったようで、口々に『えっ、終わり?』というコメントが飛び交いました。瞑想するだけなら、わざわざライブ配信する必要はないわけで、ネット上では呆れ声とともに、小林を心配する声が殺到しています」(ネットウオッチャー)


小林麻耶の“番組降板”は過剰な布教活動も関係?


この配信を見た視聴者からは、

《旦那に洗脳されてる感がやばい…》
《スピリチュアルってだけで地雷臭がすごい》
《完全な洗脳だね。降板になったこともまったく気にしてないようだし、迷惑かけたとも思ってないだろうね》
《天国の麻央ちゃんが悲しむだろうな。人って一緒にいる相手次第で変わってしまうんだなぁ》
《これはもう手遅れだね…事務所の正常なマネジメントを行えないっていう判断も、至極真っ当》
《番組降板もこっちが原因だったりして…》

といった意見があがっている。

「夫のあきら。こと國光吟は、過去に『EXILE』のバックダンサーをしていましたが、その後、〝宇宙ヨガインストラクター〟を名乗り、〝遠隔〟で施術を行うなどして、高額な料金を客からとっていたことが明らかになっています。小林は『グッとラック!』スタッフからいじめを受けていたことを明かしていますが、あきら。がたびたび現場に介入し、『神のお告げで、それはやらないほうがいい』などと、ディレクターに演出を変えるよう要求していたという話も持ち上がっています」(芸能記者)

一方で、小林は生年月日などから運勢を占う数秘術を学び、過去には、ヒーリングジュエリーを膣内に入れるとパワーがみなぎるという〝子宮パワーストーン〟を後輩アナウンサーに勧めていたという。

スピリチュアル信仰は個人の自由だが、今回の降板理由も〝過剰な布教活動〟の結果と判断されるのは、致し方ないのかもしれない。瞑想して迷走から覚めてほしいものだ…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ