ドアを見つめ『何か』を待ち続ける猫、その理由に12万人が涙

grape

※画像はイメージ
部屋から閉め出されて、このように開けてもらえるのを待ってます…。

このコメントとともに、六花チヨ(@ROkUHANA00)さんがTwitterへ投稿した『1枚の写真』が「心打たれる」と反響を呼んでいます。

ずっと、一緒にいられるよね…?

猫の『ヌンヌンちゃん』を飼う六花チヨさんには、大学生の息子さんがいます。

新型コロナウイルス感染症の影響で大学がリモート授業となり、息子さんは久しぶりにヌンヌンちゃんたちの住む実家へ帰ってきたといいます。

息子さんのことが大好なヌンヌンちゃんは、久々の再会に大喜びしたそう。

しかし、リモート授業を受けるため息子さんが部屋の中へ入ってしまうと…。



部屋から閉め出されてしまったヌンヌンちゃんは、ドアの前に座りこみじっと息子さんが出てくるのを待っています…!

後ろ姿からは、「どうして出てきてくれないのニャ…」という思いが伝わってくるようですね。

六花チヨさんによると、ヌンヌンちゃんは「ずっと同じ場所にいるのではなく、周辺をウロウロしてからドアの前に戻ってきてまた待つ、を繰り返している」とのこと。

ヌンヌンちゃんはきっと「少しでも長く息子さんと一緒にいたい」という思いからこの行動をとったのでしょう。

ネット上ではこの健気な姿に、目頭が熱くなった人が続出しました。

・なんて健気な姿!思わず泣けてきました。本当に息子さんのことが大好きなんですね。

・スリッパを温めていますね!ヌンヌンちゃんの息子さんへの愛を感じます。

・愛おしすぎる…!猫ちゃんの思いが届いてくれるといいな。

忠犬ならぬ、忠猫ヌンヌンちゃんの純粋な想いに、多くの人が心を洗われたようです。

ドア越しでも、きっと心は1つ。この絆はいつまでも変わらないことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典 @ROkUHANA00

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ