小越勇輝『人狼ゲーム』シリーズ初の男性主演に「周りの方々に支えられました」

dwango.jp news


映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』公開記念舞台挨拶が14日、都内にて開催され小越勇輝中島健桃果山之内すず、川上亮監督が登壇した。



本作は、土屋太鳳桜庭ななみ、仲野太賀森川葵佐久間由衣武田玲奈など多くの人気俳優を輩出してきた『人狼ゲーム』シリーズ最新作。人狼ゲームを主宰する側にスポットを当て、運営側に所属している正宗(小越)が、ゲームに参加していた元教え子を救うために奔走する姿を描く。

主演を務める小越は「昨日公開したときは、まだ実感がわかなかったのですが、こうして今日、映画を観ていただく方を見て、映画が公開されたんだと改めて思いました」と笑顔を見せる。

今回はシリーズ初の男性が主演の物語。小越は「もちろんプレッシャーはありましたが、背負うものは背負いつつ、川上監督をはじめ、周りの方々に支えられて演じることができました」と感無量な表情を浮かべると、川上監督も「こちらのアドバイスにすごく繊細に答えてくれて、とても魅せてくれる方だなと思いました」と称賛していた。

拉致され参加を強要された柚月役の桃果は「長く続くシリーズのヒロインということで、プレッシャーはありましたが、監督をはじめ皆さん素敵な方ばかりで、お芝居が楽しいなと思える現場でした」と撮影を振り返ると、柚月の親友・萌々香役の山之内は「オーディションで手応えがなかったので、受かったと聞いたときはずっと悪質なドッキリだと思っていた」と合格したことにびっくりしたことを明かしていた。

俳優陣が口々に「非常に和気あいあいと楽しい雰囲気だった」と語っていた現場。小越も桃果や山之内のやりとりに「二人の会話を見ているとマイナスイオンが出ているような感じがしますね」と嬉しそうに語っていた。

小越は「今日こうして舞台挨拶できること嬉しいです」と改めて発言すると「皆で同じ方向を向いて作ってきた作品です。正直公開できるのかという思いもありました。シネマート新宿さんへ映画を観に来たりしていたので、この場に立てて感慨深いです。いままでの『人狼シリーズ』を見てくれた方も楽しめると思いますし、今回運営側の人間物語も楽しんでほしいです」と力強く作品をアピールしていた。

『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

シネマート新宿・心斎橋にて公開中

(C)2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ