ノーベル物理学賞の小柴昌俊さんが死去 ニュートリノ観測に世界で初めて成功

grape

2020年11月12日、ノーベル物理学賞を受賞した東京大特別栄誉教授の小柴昌俊さんが亡くなりました。94歳でした。

小柴さんは『ニュートリノ』という素粒子の一種の観測に世界で初めて成功した人物。

『ニュートリノ天文学』という新しい研究分野を開拓した功績で2002年にノーベル物理学賞を受賞しました。

産経ニュースは、小柴さんの功績を次のように伝えています。

小柴さんは、地球から16万光年離れた大マゼラン星雲で起きた超新星爆発で発生し、地球を貫き届いたニュートリノ11個を、岐阜県北部の神岡鉱山の地下に建設した素粒子観測装置「カミオカンデ」でとらえた。

これにより、宇宙のチリが集まって星が誕生し、太陽より数倍大きくなると超新星となって爆発、爆発エネルギーの大半がニュートリノに変わるとしていた超新星爆発理論の大筋が確認された。また、よく分かっていなかったニュートリノの性質への理解も進んだ。
産経ニュース ーより引用ネット上では「長い間科学のためにありがとうございます」「理論上の存在でしかなかったニュートリノを、巨大装置を作って実際に発見した。本当にすごい人」といったコメントが寄せられました。

宇宙の謎を解き明かす一歩を切り開いた小柴さん。その功績は未来永劫語り継がれることでしょう。

心より、お悔やみを申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典 産経ニュース

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ