【P1Harmony リレーインタビュー3:ジウン】慎重で理性的なところが僕の強みです

ウレぴあ総研

2020年10月28日に、ミニアルバム『DISHARMONY:STAND OUT』を韓国でリリースしてデビューしたばかりのP1Harmony(ピーワンハーモニー)は、平均年齢17歳という若々しい6人組ボーイズグループ。

FNC ENTERTAINMENTがSF9以来、約4年ぶりに排出するダンスグループとしても注目されている。

さらに、歌手デビューする以前に、メンバーが主役の大作SFヒューマン映画『P1H:新しい世界の始まり』が制作され劇場公開されるという、これまでにはないスケールの大きなお披露目でも話題を集めているところ。

デビュー日にYouTubeで公開されたアルバムのリードトラック『SIREN』のミュージックビデオは、11月6日時点で1000万回視聴を超えた。

新たなK-POP界のスターを夢見るフレッシュな彼らは、韓国出⾝メンバーが4⼈、⽇本とカナダ出⾝のメンバーがそれぞれひとりと、多国籍なメンバーで構成されており、デビュー作からラップメイキングを含めたほぼ全曲にメンバーが作詞で参加とクリエイトにも積極的!

そんな6人の魅力をひとりずつひも解く1問1答インタビューが到着。

デビューが決まったときの気持ちや、先輩アーティスとのコラボ希望や他のメンバーの紹介まで、ひとりずつの回答を直筆を交えてお届けします。

3人目は、ポッピンダンス、マーシャルアーツ、ラップメイキングが得意なメンバー。

2001年10月7日生まれ、韓国・京畿道安養 (アニャン)出身で、O型・176cm・61kg。「幼い頃にダンスレッスンに通っていました。そこでFNCのオーディションが開催されると聞いたので見に行って、キャスティングされたんです。」という、ジウン。彼は、ボーカル、ラップ、ダンスを担当している。

■できるだけ懸命に判断して生きていきたいタイプなんです。

── 自分自身の“弱み”と“強み”を、挙げるなら?

心配性で、必要ないんじゃないかというような悩みが多いんです。それから飽きっぽいところもあって、それが弱みです。歌、ダンス、ラップと、多様なことができるのが強みです。慎重で理性的なところも、強みだと思います。

── メンバーの中で「これだけは自分が1番だ」と思うことはなんですか?

“慎重であること”です。できるだけ賢明に判断して生きていきたいタイプなので、小さなことでも慎重に接しようと努力します。

── あらためて、デビューおめでとうございます! デビューが決まったとき、最初に伝えた方は誰ですか?

家族に一番最初に伝えました。すごく喜んで、「よく頑張ったね」とも言って下さいました。一緒に美味しい食事を食べにいきました。

── P1Harmonyのデビュー曲を初めて聴いたとき、どんな感じがしましたか?

実感が沸かなかったんです、最初は。「これが僕たちの曲なの?」と、思った気がします。

── FNCといえば、事務所の全アーティストが出演するファミリーコンサート“KINGDOM”がありますよね。ご自分が“KINGDOM”のステージに出演してコラボレーションができるとしたら、誰とどんなステージをやってみたいですか?

ジョン・ヨンファ先輩と『외톨이야』を歌ってみたいです。幼い頃にいつも、本当にいつも歌っていた曲です。

── 自分をアーティストとして形容するならば、なんと呼ばれるようになりたいですか?

ステージ爆撃機

── 次に登場するメンバーのことを、普段はなんと呼んでいますか?

インタガ、ファン・インタク

── では、あなたから見たそのメンバーを描いて、紹介してください。

インタクは、情熱的な男、ポジティブな男です。楽天的で純粋な姿が魅力的な子です。

※次回はインタクさんが登場します!お楽しみに!

■プロフィール

P1Harmony(ピーワンハーモニー)

韓国ロックバンド界の開拓者として、日本をはじめ世界各国に進出し道を切り拓いてきたFTISLANDとCNBLUE、韓国次世代バンドの最有力候補N.Flying、今年主要音楽番組にて2作連続1位を獲得し今最も旬なダンスグループとして注目を集めるSF9など、トップアーティストを常に排出し続けるFNC ENTERTAINMENTから約4年ぶりにデビューしたボーイズグループ。2020年10月8日に韓国の劇場で主演映画『P1H:新しい世界の始まり』が公開されスクリーンデビュー。2020年10月28日に1st Mini Album『DISHARMONY:STAND OUT』でアーティストデビューを果たした。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ