パンツ、ガチャピン、キャシャーン…子供の頃につけられた「イヤなあだ名」あった?

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。11月12日(木)の「社会人意識調査」のテーマは「子供の頃イヤなあだ名ありましたか?」はたして、その結果は……?



番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(左)と代理秘書・アンミカ(右)


はい  53.8%
いいえ 46.2%
(回答票数784票)

◆「はい」に関する意見
「『パンツ履いてる』と言ったつもりが『パンツ履いてない』と言い間違えてしまい、友人から“パンツ履いてない子”からの“パンツ”というあだ名がついてた頃があります。高校2年のお話です……」(東京都 27歳 女性 会社員)

「出っ歯、すきっ歯だったので“ガチャピン”と呼ばれていました。お金を掛けて矯正させてくれた両親に感謝です」(東京都 29歳 男性 会社員)

「高校の頃ですが、173cm50kgぐらいで見た目が華奢だったので、“キャシャーン”と言われていました」(東京都 37歳 男性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「小学生のとき、背が高かったので、私のことを“うどの大木”から“ウド”と呼ぶ男子がいたのですが、逆にその男子は超チビだったので“チビ”と呼んでいました。今思うと申し訳なかったなぁと切実に思います」(東京都 50歳 女性 会社員)

「小学校高学年~中学まで少し変わったあだ名で呼ばれていましたが、そのあだ名のおかげで、クラス替え後でもすぐ名前を覚えてもらえたので良いこともありました」(埼玉県 53歳 男性 会社員)

「子供の頃のあだ名は付け方に愛があったと思うな。私のあだ名は“ポチャ”でしたが、今でも同窓会などではそのあだ名で呼ばれます。当時に戻れて楽しいですよ」(神奈川県 56歳 男性 会社員)

【過半数がイヤなあだ名があった】
今回の社会人意識調査は「子供の頃イヤなあだ名ありましたか?」というアンケートを実施しました。その結果、「はい」は53.8%、「いいえ」は46.2%となりました。

【10代が圧倒的に高い】
イヤなあだ名があった人の割合を見てみると、男女比では「男性」は53.5%、「女性」は54.3%となりました。世代別の割合を見てみると「10代」は90.9%、「20代」は62.4%、「30代」は56.6%、「40代」は54.7%、「50代」は46.9%、「60歳以上」は42.2%となっています。あだ名をつけられやすい学生もいるためか、10代が圧倒的に高い数字が出ています

◆詳しいアンケート結果はこちらからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆次回の放送は11月16日(月)です。「Skyrocket Company」のアンケートの投票はこちらから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますので、お聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年11月20日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/sky/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ