秋ドラマ美女の「“艶”現場」(2)有村架純が「VS嵐」で見せた艶姿

アサ芸プラス


 ドラマで共演する林遣都(29)、奈緒(25)らとともにおそろいのピンク色Tシャツを着て、体を張ったさまざまなゲームに挑戦。それは驚くべきシーンの連続だった。

「ロッククライミングのように壁を登る『クリフクライム』では、安全ベルトに押し上げられた彼女のバストが揺れに揺れていた。下半身もヒップライン丸出しの大サービス。ネット上では、足を大きく広げて壁を登る際に『股間のスジが見えた』と大騒ぎでした」(テレビウオッチャー)

さらに「ジェスチャー対決」では、ワキの隙間から黒い下着がバッチリと露出するブラモロまで。こうした大サービス連発に、テレビ業界では「以前なら考えられないこと」と驚きの声が上がったという。

「有村はデビュー当時からこうしたハプニング露出を本気で嫌がっていて、事務所から番組サイドに『マズい部分が映っていないか』と厳密なチェックを要請されていた。今回の露出は、以前なら絶対にカットされていた部類の映像です」(バラエティー番組スタッフ)

この果敢な「方針転換」についてこのスタッフは、

「なんとしてもドラマを成功させたい、という意気込みが感じられる」

と分析するが、事実、その熱意は現場で十分に伝わっていた。ドラマスタッフが明かす。

「彼女は3人の弟を女手一つで養う肝っ玉姉ちゃんを演じている。そこで役作りに没頭するため、有村自身が提案したのが、作中の空気感と同様の『現場でのタメ口での会話』でした。弟役の役者はもちろん、スタッフにも『できるだけタメ口で話してください』と頼み込んだんです」

こうしてスタッフは、有村にタメ口で話しかけることになったのだが──。

「彼女の提案は奏功し、温かみのある雰囲気が作品にも反映されていると思います。その反面、有村のことを『自分の彼女のような気がしてきた』と錯覚するスタッフが続出しているのは、明らかにタメ口作戦の弊害ですね(笑)」(ドラマスタッフ)

「危険なビーナス」(TBS系)で主演を務める吉高由里子(32)といえば、芸能界随一のイタズラ好き女優。放送担当記者が言う。

「これまで現場では『膝カックン』や『耳に息吹きかけ』など、数々のイタズラでムードメーカーの役割を果たしてきました。打ち解けたスタッフには『いきなり首絞め』『卍固め』といった過激なボディタッチ、コミュニケーションも取っていましたね」

そんな彼女も今作の現場ではコロナ禍を気にして不用意な接触を控えつつも、別の手法を編み出していた。「ソーシャルディスタンス的イタズラ」がそれだ。

「スタッフや共演者を見かけると、少し離れた場所から『コマネチ』や『握りっ屁』のポーズで笑わせている。コロナ禍でも以前と変わらない和みをもたらしていますね」(TBS関係者)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ