「顔色悪いけど、大丈夫?」…合コンでやりがちなメイクの失敗4選




待ちに待った合コン当日! 身だしなみをきちんと、メイクをバッチリきめてのぞむ女性が多いと思いますが、気合いをいれすぎて「これ失敗したかも……」なんて経験はありませんか? 合コンでやってしまった、遭遇してしまったメイクの失敗談を紹介します。

合コンでやりがちなメイクの失敗

(1)肌の色になじまないリップを塗ってしまった

・「流行のヌーディーなブラウンリップを塗ってみたのですが、心なしか肌の色になじまないような……。気になる男の子に『顔色悪いけど、大丈夫?』と言われてしまい、やっぱり自分には合っていなかったと気づきました」(20代/金融)

▽ 流行しているカラーや、かわいいと思って買ったリップが自分に合うとは限りませんよね。合コンで使う前に、まずは日常で使って周囲の反応をうかがってみるといいかもしれません。

(2)メイク直しの時間がない

・「想定外の残業が発生してしまい、お店への到着がギリギリに! 遅刻するよりマシだとメイクを直さずに挑んだら、バッチリきめている女性陣を見て後悔。もっと時間に余裕をもたないと、と反省しました」(20代/建設)

・「合コン後にふと鏡を見たら歯にリップがベッタリ。一気にテンション下がりました。この状態で笑っていたと思うとダサすぎる!」(20代/IT)

▽ 日中はメイクが崩れやすいので、合コン前のメイク直しはマストですね! そして、意外と見落としがちなのが歯。リップや余計なものがついていないかチェックしましょう。

(3)香水がきつい

・「となりに座った友達の香水のにおいがきつすぎて、頭がクラクラしました。そこまで広くない個室だったので、男性陣も気になって仕方なかったはず……。おひらき後に『ちょっと香水つけすぎじゃない?』と注意しました」(20代/商社)

・「とある友達がいつもつけている甘い香水が苦手なのですが、その子と合コンに行くと、いつもの数倍強い香りが……。おいしいはずの料理も会話も楽しめず、散々な思いをしたことがあります」(20代/サービス)

▽ 香水をつけすぎていないか、自分では気づきにくいですよね。特に合コンの場ではいつもより控えめにするくらいが、ちょうどいいかもしれません。香りの好き嫌いも人によって異なりますが、筆者はさわやかな柑橘系が無難なのではと思います。

(4)ナチュラル太眉にしすぎた



・「当時太眉ブームで、雑誌で紹介されていた太眉メイクを実践。しかし、違和感がぬぐえず友達にも『今日の眉、太すぎない?』と言われてしまう結果に。直す時間もなくそのまま合コンに向かいましたが、自分に合った眉の太さとメイクを知るべきだった」(20代/経営企画)

▽ 顔の形やパーツの位置によって、似合う眉は異なるそうです。眉毛サロンに行って自分の顔に合う眉をカウンセリングしてもらった、との声もありましたので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

合コンメイクの失敗談をヒアリングしてみた結果、トレンドをいきなり取りいれないこと、そして何でもやりすぎは禁物であることを実感しました。「合コンだから」と肩ひじをはらずに、自分のよさがいきるようなメイクを日ごろから心がけて、勝負のときに余裕をもってのぞめるようにしたいですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ