城山羊の会が2年ぶりの公演、山内ケンジの新作「石橋けいの『あたしに触らないで!』」上演

SPICE



城山羊の会は、2020年12月17日から27日まで、東京・下北沢の小劇場B1において新作「石橋けいの『あたしに触らないで!』」を上演する。2年ぶりの公演となる。作・演出は山内ケンジ。「自粛とストレスで太ってしまった令夫人をめぐる艶笑譚」となる模様で、主演はタイトルにもなっているので一目瞭然の石橋けい。城山羊の会には5年ぶりの出演となる。共演は、吹越満、米村亮太朗、岩谷健司、島田桃依、岡部ひろき、筒井のどか、岡部たかし、という強力無比なる布陣。
【あらすじ】
この一年の出来事は全て夢だったのではないか、
夢に違いない、とその令夫人は思っていた。
しかし、家の中に幽閉されている間に、明らかに太ってしまっている。
このこと自体は夢ではない。現実である。
しかし、なんとかして、この贅肉を夢にできないだろうか、と令夫人は思う。
この物語は、令夫人の夢と現実、贅肉と恋との往来の中で紡ぎ出される、なんの教訓にもならない、滋味あふるる喜劇である。
皆さまにおかれましては、是非ともこの芝居をご覧になって、来年への生きる活力として、心の中にお納め頂ければ幸いです。

作・演出の山内ケンジからは次のコメントが届いた。(チラシ裏文章)
お待たせ致しました。いや、お待たせしていたかどうか疑わしいところですが、
2年ぶりの城山羊の会、再開です!
石橋けいは、城山羊の会、実に5年ぶりとなります。
自粛とストレスで太ってしまった令夫人をめぐる艶笑譚でございます。
令夫人の眼鏡の奥の、冷たい眼差しがこう言っております。
「でも、この公演、ほんとにちゃんと実現するの?」


チケットは11月14日より発売。コロナ影響により座席数が少なくなるため、WEB配信も予定している(詳細は後日)。
城山羊の会 2017年「相談者たち」舞台写真@三鷹市芸術文化センター 星のホール
城山羊の会 2017年「相談者たち」舞台写真@三鷹市芸術文化センター 星のホール

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ