なだぎ&友近 10年超ぶり“ディラン&キャサリン” ファン「久々に見れて泣きそう」

クランクイン!

 お笑い芸人のなだぎ武が12日に自身のツイッターを更新し、お笑い芸人の友近、バッファロー吾郎Aとの3ショットを公開。“10年以上ぶり”という「ビバリーヒルズ高校白書」のパロディコントで共演したことを明かすと、ファンからは「めっちゃ嬉しい共演」「最高」「久々に見れて泣きそう」などの声が殺到した。

なだぎは、同日に放送された『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系/毎週木曜20時)の2時間スペシャルに出演。2000年代後半に一世を風靡した外国人キャラクター“ディラン”に扮し、友近、バッファロー吾郎Aと共に「ビバリーヒルズ高校白書」のパロディコントを披露していた。

この番組の放送後、なだぎは自身のツイッターに「10年以上振りに、この方々とこのキャラでコントしました」と写真を投稿。写真にはディランに扮したなだぎと、そのガールフレンド・キャサリンに扮した友近、友人のピーターに扮したバッファロー吾郎Aのにこやかな姿が収められている。

なだぎはこの写真と共に「懐かしさと楽しさが詰まった数分間」とコメントすると、番組を見たファンからは「めっちゃ嬉しい共演でした」「ディラン&キャサリンが見れて最高」「久々に見れて泣きそうになりました」といった投稿が相次いでいた。

また友近が演じている架空の演歌歌手・水谷八重子のインスタグラムでも、同様の写真が公開されている。

引用:
「なだぎ武」ツイッター(@nagi_nagio)
友近のキャラクター「水谷千重子」インスタグラム(@mizutanichieko)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ