『ルパンの娘』深田恭子&どんぐりの“入れ替わり”演技が話題に「神回」「深キョンの関西弁」

クランクイン!

 女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が12日に放送され、主人公・華(深田)と祖母・マツ(どんぐり)の体が入れ替わるというトラブルが発生し、深田がマツを、どんぐりが華を演じるという展開を迎えると、ネット上には「今日は神回」「役者さんたちの熱演に感動」といった声が集まった。

女泥棒・双葉美羽(田中みな実)によって、華の姿が撮影されてしまう。尊(渡部篤郎)はLの一族が生存している証拠を消すため、美羽のアジトへの潜入を計画。だが、華と尊は顔を知られているため、尊は渉(栗原類)に作らせた秘密道具を家族に装着させる。その秘密道具とは人と人の意識を入れ替える装置。装置のせいで華とマツの体が入れ替わってしまう。

朝、目覚めた時に入れ替わりに気づいた2人は大慌て。マツ(の体になった華)が「ちょっとお父さんどういうこと!」と怒ると、華(の体になったマツ)は腰を曲げて顔をしかめながら「華がウチでウチが華になってもうたんやぁ…」と嘆く。

この回だけ華を演じることになったどんぐりが、普段は深田が演じている華の仕草や口調、表情に至るまでを絶妙にマネしてみせると、ネット上には「どんぐりさん、深キョンの真似上手いwww」「どんぐりさんの演技がすごすぎてだんだん深キョンに見えてきた」などのコメントが相次いだ。

一方、主人公の祖母を演じることになった深田が、これまでどんぐりが演じてきたマツのコミカルな動きや関西弁を見事にコピーすると、ネット上には「深キョンの関西弁www意外とイケるwww」「深キョンのマツもうますぎて面白い」といった反響が集まった。

放送後、深田やどんぐりの熱演にネット上には「パート1から見てるけど、まちがいなく神回!!」「深キョンを散々おもちゃにする脚本…今日は神回」「役者さんたちの熱演に感動すら覚えた神回」などの声が多数投稿されていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ