宝塚歌劇団にハマる女子あるある10選!「ジェンヌと同じ金髪にしたことがある」「娘役の手作りアクセにあこがれて、自分も手作り」

女性ばかりで構成される「宝塚歌劇団」(以下、宝塚)。女性ファンを虜にする男役から華やかでかわいらしい娘役が、ミュージカルを通じて現実から離れた夢のひとときを提供してくれる。そんなタカラジェンヌたちに、すっかりハマってしまうとどうなるのか?

宝塚にハマるアラサー女子あるある10

ときには「私もジェンヌ!芸名は◯◯!」と妄想も繰り広げる!?そんな宝塚ファンあるあるを厳選してご紹介します。

 

1.日常生活であこがれのジェンヌの真似をする

タカラジェンヌと比べれば、自分はただの一般人……。でも、そんな自分だって、妄想の中ではあこがれのタカラジェンヌになれる!

階段を見ると、舞台の階段のつもりでジェンヌたちのように下を見ずに颯爽と降りる……。誰も見ていないところで、男役のカッコいい座り方を真似してみる……。やったこと、ありますよね?

 

2.宝塚にハマったキッカケは『ベルサイユのばら』のオスカルだった 

もともと「ベルばら」ファンだったので、テレビで宝塚の「ベルばら」を見たり、電車のポスターでジェンヌが演じる「ベルばら」のオスカルを見て宝塚へ足を運んでいたら、「そのままハマっちゃいました!」な人は多いハズ……。

演じられる年や組によって、ときに異色とも感じられる「ベルばら」を見たあとで、ほかの宝塚の公演を見ると最初はちょっと違和感が……。でも、そこから宝塚の沼にズブズブと落ちていくのでした…。

 

3.あの舞台メイクを真似てみたことがある

舞台メイクは、ふだんのメイクとはまったく違います。もちろん、日常では絶対しないのですが、休みの日に「オスカルになろう!」「私はマリーアントワネット!」と思い立って、そのメイクを真似!その結果は……聞かないでください……。

 

4.タカラジェンヌのように、ひそかに自分の芸名をつけている 

宝塚に入団すると、本名とは別に芸名がつけられます。自分はタカラジェンヌではないけれど…実はひそかに芸名をつけてジェンヌ気分に浸っていたり……。名前はもちろん、あこがれのジェンヌから一文字もらったり、あえて関係ないものにしたり……。当然ですが、こんなことしてるなんて、誰にも言えません。

 

5.組カラーや組モチーフを見るとついつい反応

宝塚には花組、月組、雪組、星組、宙組といった組があり、組ごとにカラーやモチーフが決まっています。花組が好きだと花のモチーフとピンク、月組が好きだと月のモチーフと黄色……など。こういったモチーフや色を日常生活で見かけると、つい身体が勝手に反応してしまうのです……!

 

6.観劇日には、コーディーネートを組カラー&モチーフにする 

ふだんの生活から、服やインテリアに組カラーやモチーフを取り入れることもありますが、観劇日のそれは気合の入れようが違うのが宝塚ファン。カバンやスマホカバー、ハンカチなどなど、この日のために気合いを入れてコーディネートしちゃいます!

 

7.娘役の手作りアクセにあこがれて、自分も手作りしたことがある

宝塚の娘役さんは、とても華やかなティアラやアクセサリーを身につけています。じつはあれ、手作りだって知ってましたか?え!?特注品じゃないの!?じゃあ、私にも作れるじゃん!……と、ハンドメイドの腕前が自然と磨かれていきました……

 

8.金髪や明るい茶髪など、好きなジェンヌと同じ髪色に染めたことがある

役柄によっては、日常生活ではあまり見ない髪色に染めたりもするタカラジェンヌたち。せめて髪色だけでも好きなジェンヌと同じにしたくて、役に合わせて髪色が変わるごとに、自分もころころと染め直したこと……ありますよね?

 

9.男役に恋をしている 

宝塚の男役さんは、中身が女性ゆえに「女性からみたカッコいい男性」を熟知しているとかいないとか……。そのせいか「本物の男性よりもカッコいい!」と言われたりもするのですが、そんな彼(彼女)らが「自分の理想の男性」になってしまうのも、宝塚ファンあるあるの1つなのです。

 

10.観劇するとき、乗れるなら必ず阪急電車に乗る

宝塚歌劇は阪急電鉄の事業の一部。なので、観劇日はできるだけJRではなく阪急線に乗って応援!もしかしたらタカラジェンヌや、宝塚音楽学校の生徒が乗っているかもしれない阪急線に揺られて、宝塚への思いを強くするのでした

今日も組カラーに反応してSNSにアップ……

観劇は毎日あるものではありません。観劇ができないときはDVDを見たり、SNSで宝塚について仲間と話し合ったりしている宝塚ファン。たまたま出かけて見つけた組カラーのグッズ情報を、同士と共有して盛り上がったりしながら、次の公演日を心待ちにするのでした!

ひそかに自分に付けた芸名は、さすがに恥ずかしくて、仲間同士でも言えませんけどね!

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ