ピンクはいったい誰のもの? 身につける人の性別を問わないアンダーウェア 「REING Underwear」に新色・ピンク登場。 ジェンダーバイアスを超えて、人間の多面性を祝福する”ピンク”をコミュニティと共創

NeoL



Creative Studio REING(リング)は 2020年11月4日(水)に、REING Underwearの新色「Limitless Pink (リミットレス・ピンク)」をオンラインストアにて発売。「心地よい自分でいるためのアンダーウェア」をコンセプトに掲げ、型・カラー・サイズにおいて性別の区別がないジェンダーニュートラルなデザインで、今年2月に発売。男女というラベル表記を外し、身に付ける 人の性別を規定せず「“自分であること“を楽しみたい」と願うすべての人に向けられREING Underwear。新色の考案にあたり、REINGコミュニティに「ジェンダーバイアスを感じる色は?」というアンケートを実施したところ、「女性らしさを強いられている気がするから、ピンク」「男性でピンクを着ていると“フェミニンな人“と決めつけられる」など、ピンクに多数の票が集まったことから、あえてこの色を新色に迎えることに。商品開発においてはコミュニ ティメンバーと共に対話を重ねながらカラー選定を行い、また様々なジェンダーのモデルたちと共にピンクがもつ多面的な魅力を表現するビジュアルを制作。Limitless Pink ー「もっと自由に、誰もが性別問 わずピンクの多面性を楽しめるように」という願いを込めて。



商品仕様ブラレット/ボクサーパンツ/トランクスの3型は、その日の気分で上下の型やカラーを変えてもコーディネートできるラインナップ。シルクのような肌触りと柔らかな着心地で、部屋着として着用する人も多い。自分を、そして大切な誰かを抱きしめたくなるような柔らかな生地は、アウトラスレーヨンのベア天竺素材(土に還る植物性レーヨン95%/石油系ポリウ レタン5%)を採用。暑いときでも寒いときでも、快適にコントロールする最先端の温度調節素材。炎天下の日でも寒さの厳しい場所でも、人間が快適に感じる温度(31°C~33°C)をキープしようと働きかける。染色から縫製に至るまで、すべての生産工程を日本国内で行なっている。


◆ブラレット胸に寄り添う部分が三層構造となっているノンワイヤータイプ。ブラパッドの取り外しができる仕様。近年ではパッドを好まない人も増えており、気分に合わせて心地の良い状態を選ぶことができる。背面は生地が一重のため、蒸れを防ぎ、肌に沿うフィット感を生み出している。


◆ボクサーパンツ 前切り替えにスリットが入っていることで、それぞれの身体の形に合わせ、平面的にも立体的にも優しく馴染みやすい仕様。股下の切り替 えを二重にすることにより、性別問わず、安心して履ける構造に。


◆トランクス 三枚パネルで構成された立体的なデザインで、鼠径部を締め付けず、履き心地と、座った時の違和感を軽減。通気性が良いため、日々の下着としてはもちろん、家に帰り着いたら服を脱ぎ、部屋着としてもリラックスして過ごせるようなデザインになっている。カラー:ブラック, パープル, グリーン, ベージュ, ピンク(全アイテム共通)サイズ:S, M, L, LL (全アイテム共通)

REING Underwear Limitless Pink・発売日:2020年11月4日(水)・価格:ブラレット4,600円 / ボクサーパンツ3,600円 / トランクス3,600円(税抜き) ・公式Instagram:REING (@reing.me)・販売取り扱い:REINGオンラインストア https://store.reing.me/

ビジュアル様々なジェンダー、人種、体型を持った人々をモデルとして起用させていただき、共にビジュアルを制作。Photo: Toshiaki Kitaoka Make-up: Chifumi Nambashi Hair: Kiyo Igarashi Model: Ada, Ameya, Kan, Kila, Kira, Riku, Thalia, Yushi

REING「Every relationship is beautiful. -私たちが紡ぐ、全ての関係性は美しい-」 そう誰しもが信じられる未来のために。男女二元論の世界のあり方を問い直し、性別のみならず、人種・年齢・体型といった生まれながらに付与されるラベルへの社会的イメージから個人を解放し、ありたい自分を選択す るためのクリエイションを開発・発信するCreative Studio。作り手の視点から世の中のラベルイメージを問い直し、イメージギャップを超えていくアクションを行なっている。-「多様な個のあり方」をエンパワーメントする企業やブランドのクリエイティブ制作 -ジェンダーニュートラルなプロダクト(アンダーウェア・指輪)の開発販売 -独自のインタビュー・動画コンテンツを通じたメディア発信 -ジェンダーを多角的に考察する対話型イベントを通じたコミュニティ運営20XX年、すべての関係性が祝福される未来を目指して。■Official Website: https://reing.me/■Instagram: https://www.instagram.com/reing.me/ ■Online Store: https://store.reing.me

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ