最上もが、妊娠報告で過去の結婚観に再度反響 「愛のカタチは人それぞれ」

fumumu


最上もが

元でんぱ組.incメンバーでタレントの最上もがさんが12日、妊娠を報告

このサプライズ発表を期に、最上さんが過去に明かした「結婚観」に再び反響が集まっています。

■愛の形は人それぞれ


最上さんは今年6月、自身のツイッターで「30代になってからよくくる質問は”結婚”に対する考え方で、ぼく個人の意見ですが、結婚がゴールだとかしなければ余り物だという考えがそもそもないです」と発言。

「あと結婚してるからと言って子どもをつくらなきゃいけないとも思ってないです。愛のカタチは人それぞれ。~しなければだめ、なんて事はないと思う」とし、結婚が必ずしも幸せとは決まっていないと意見を示しました。

関連記事:最上もが、妊娠を報告 「子どもが欲しいという願いが強く」

■結婚が全てではない


続いて「この発言自体が『負け犬の遠吠えww』と捉えられるかもしれませんけど」と泣き顔の絵文字を添えた最上さんは、「親は熟年離婚の話を持ち出すくらいだし、もう”縛られてる”のが嫌なら、どうぞ、と思うんです」と家族についても言及。

また、同性婚が認められていない日本において「”結婚が全て”ではないと感じますし、誰かに認められなくても本人たちの愛は変わらない」との持論を、文字にして綴っています。

■「結婚願望がない」発言も


また、4月15日のインスタグラム投稿では「まず結婚願望がないです」「”この人となら結婚したい”と思える人と出会えて 相手も同じ気持ちなら、結婚という契りを交わす可能性はあります。って感じなんですよね。でも良いパートナーと出会えたとしても”結婚”を選ぶかは別だと思ってます」と話した一方で、「子供は欲しいです」と述べていた最上さん。

当時、リプライ欄には「以前程は風当たりは強くないけどまだ、古い考えが残ってる世代っているよね」「後悔していなければ勝ち組でしょ」など、幸せの感じ方は人それぞれといった意見が集まったほか、「評論家になれる」と称賛するユーザーも見受けられました。

これらの投稿を改めて見たファンからは「もがちゃんブレない」「かっこいい」「幸せになってほしい」と祝福が寄せられています。

・合わせて読みたい→最上もが、SNSの悩みを吐露 正当化された「アドバイス」と「心配」

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ