「除菌」が仕事の新エチケットに!職場で使いやすい携帯用消毒スプレー「YASIORI」が登場




皮膚疾患向けの医療用医薬品などの製造および販売を手掛けるゾンネボード製薬は、職場でも使いやすい携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」を、11月13日よりインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」にて先行販売。12月以降に順次、全国の取扱店およびECサイトにて発売を開始します。

同社が20~40代の働く男女500名を対象に「新型コロナウイルスの流行をきっかけに、仕事のシーンで除菌アイテム(スプレー・ジェルなど)を使用するようになりましたか?」と調査したところ、74%が「使用するようになった」と回答。実際に除菌を実践している仕事中のシーンとして、約2人に1人が「会議室などでの打ち合わせ後」(54%)や「訪問しての商談前」(53%)といった場面が挙がり、仕事で人と接する前に今の時代を反映した「新エチケット」として除菌していることが多いとわかりました。



また、除菌アイテムの「使用感についての不満」を質問すると、トップは「手指の乾燥・がさつき」(31%)、次いで「べたつき」(19%)と、使用後の質感についての不満が挙がっています。さらに、約8割が成分に関する懸念を抱いていることがわかりました。

同社が販売開始する携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」は、そういった不満点を解消しつつ、除菌が欠かせない「会う」「話す」「接する」というワークスタイルで働いている人の強い味方なるアイテム。

肌のタイプや悩み、利用シーンに合わせて「さっぱり」「しっとり」の2種類を展開し、べたつき・かさつきが気になる人が使い心地に合わせて最適なアイテムを選べるようになっています。

製造は国内で医薬品と同じ工場で作られ、原材料もすべて国産品を使用するなど品質管理を徹底。厚生労働省が新型コロナウイルス対策に有効と定めるアルコール濃度(※)の基準を満たす79.15vol%(±2.25)を配合しています。

※アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)[厚生労働省「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)」より]



また、ボトルはミニマルなデザインを採用し、高級感を演出しながら携帯性にも優れた仕上がりに。手になじみやすく洗練されたシルエットで、オーバーキャップは持ち運び中のキャップ外れを防止する実用性を兼ね備えています。キービジュアルのオリジナルイラストには、国内外で活躍するイラストレーター・アーティストのルー・ルゥ氏を起用。そのユニークでシンプルなタッチで、ミニマルな魅力を表現しています。

携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」は、11月13日より「LOHACO(ロハコ)」にて先行販売。12月以降に全国で順次発売が開始されます。

■ YASIORI 公式サイト
https://www.zonnebodo.co.jp/yasiori/

■ LOHACO販売サイト
さっぱりタイプ:https://lohaco.jp/product/U226664/
しっとりタイプ:https://lohaco.jp/product/U226666/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ