妊娠の最上もが、不倫を否定。結婚せず出産を選択、浜崎あゆみや華原朋美も

wezzy


 でんぱ組.incの元メンバー・最上もがが、妊娠していることを発表した。結婚の予定はないという。

最上は12日にブログを更新し、<この度、新しい命を授かりました。今年31歳になり、将来のことを考える日々の中で、子どもが欲しいという願いが強くなっていたので、とてもうれしく思っています>と妊娠を発表。また、<今のところ結婚の予定は御座いません。家族や友人たちに相談しつつ、たくさんの協力を受けながら過ごしております>と、結婚せずに子どもを育てていくつもりだとつづっている。

最上は5月にうつ病を患っていることや、感受性が強く敏感な気質を持つ「HSP」であることを告白。でんぱ組時代から人前に出ることがつらくなり、やむを得ずイベントなどを欠席することもあったが、それについてアンチから「甘えるな」と攻撃されて悩んだとも明かしていた。そのため、最上の妊娠発表にネットでは「メンタル面で危うさを感じるので子どもが心配」「どうか自分一人で抱え込まないよう願うばかり」と心配の声もある。

だが、最上は以前から結婚願望はないものの子どもは欲しいと明かしており、計画的な妊娠の可能性もあるだろう。子どもの父親にあたる男性について一切触れておらず、パートナー関係にあるのかどうかも明かしていないことから、不倫を疑う一方的な声も出たが、最上はTwitterで<不倫したことないですし、これからすることもないです。そういう性格です>とこれを一蹴している。
浜崎あゆみは第二子も未婚で妊娠中、華原朋美・安藤美姫も
 歌手の浜崎あゆみも、未婚で出産・育児中だ。今年1月に第一子を出産していたことを公表し、現在は第二子を妊娠中。第一子、第二子ともに、父親は浜崎のバックダンサーを務める年下男性だと見られているが、今のところ結婚の予定はないという。

浜崎は同居する実母や大勢のスタッフのサポートを受けながら、妊娠中もライブなどの仕事を精力的にこなしてきた。育児についても同様のようで、10月の誕生日には“大家族”が集まってお祝いしてくれたことを明かしている。大家族にとって浜崎はいつまでも可愛がられる娘的な存在でもあるようで、彼女はインスタに<いつも息子ちゃんと2人でちょこんと座ってるから、最近はみんなに「おチビ2人」ってまとめて呼ばれてる笑>とつづっていた。結束力の強いチームAyuならではの子育てをしているようだ。

歌手の華原朋美は、外資系企業勤務の一般男性との間に子どもを授かり、昨年8月に未婚のまま出産。今年8月末には長年所属していたプロダクション尾木を辞めてフリーとしての活動を始めたが、9月にヴァイオリニストの高嶋ちさ子に紹介されたベビーシッターの虐待疑惑が浮上し、高嶋と絶縁寸前だと報じられた。

その後、華原はYouTubeで高嶋や前所属事務所の尾木社長への謝罪動画を投稿してネットで物議を醸し、以降はSNS更新を休止。精神的な不調から緊急入院したと報じられた。だが11月10日に約1か月半ぶりにツイッターを更新してふっくらした元気そうな姿をみせ、ファンを安堵させている。

11月11日には華原の兄がツイッターで、<不器用な生き方は変えられない。何度転んでもまた立ち上がって、また転んで。人生うまくいかないねぇって悩み続けます。でも、信じて待ってるよって人もたくさんいて、自分の人生と重ね合わせている人もいる。歌を通して多くの人に希望を与えたり、励ましてきた実績もある。物語はまだまだ続くね>と華原を激励するような投稿をしている。

元フィギュアスケーターの安藤美姫は、2013年に未婚で女児を出産していたことを告白し、子どもの父親については公表しなかった。すると不倫説などさまざまな憶測が飛び、凄まじいバッシングに発展。マスコミ各社は父親候補として複数の男性の名を挙げるなどして彼女のプライバシーを漁ったが、安藤は沈黙を守っている。

安藤は産後もプロスケーターとして活躍し、自身が練習に励む間、娘の世話は<基本は母にお願いしているのですが、母も忙しいときは、近所に住む知り合いや、名古屋のスケーター仲間や親せきに家に来てもらって、助けていただいています>と明かしていた。

2014年には、スペインのフィギュアスケーター、ハビエル・フェルナンデス選手と交際し、娘のひまわりちゃんも交えて仲睦まじく過ごしていたようだったが、2017年には破局。現在、ひまわりちゃんは小学生になり、8月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で親子共演を果たしている。そこで安藤はひまわりちゃんをピアノ、ヒップホップダンス、ボーカル、古典オペラ、クラシックバレエ、フィギュアスケート、学習塾に通わせていると明かし、<習い事で娘の可能性を広げまくる>という教育ママとしての一面をみせていた。

未婚での出産を選択した彼女たちに共通しているのは、家族をはじめ周囲の人々が本人や子どもをしっかり支えてくれているということだろう。結婚しても子どもを持たないという選択をする夫婦がいるように、未婚でも子育てをするという選択肢がある。家族の形は様々、ただそれだけのことだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ