中年男性殺人鬼と女子高校生が『君の名は。』状態に ブラムハウス製作の入れ替わりホラー『ザ・スイッチ』特報映像を解禁

SPICE


映画『ザ・スイッチ』(原題:『Freaky』)が2021年1月15日(金)より日本で劇場公開されることが決定した。あわせて、ポスタービジュアルと特報映像が解禁されている。

『ザ・スイッチ』は、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督による最新作。『透明人間』、『アス』、『ゲット・アウト』などで知られるブラムハウス・プロダクションが製作するホラー映画だ。本作で描かれるのは、連続殺人鬼の中年男性と気弱な女子高校生の体と意識が『君の名は。』や『転校生』のごとく入れ替わったことで巻き起こる壮絶な戦い。地味で退屈な学生生活を送っていたミリーは、ある日連続殺人鬼ブッチャーに襲われ殺されてしまった……と思いきや、二人はお互いの身体が入れ替わってしまったことに気づく。13日の金曜日中に入れ替わりを解かなければ、一生そのままの姿になってしまうことがわかるが、ブッチャーはミリーの姿で手当たり次第に殺戮を繰り広げていく。


本作には、ミリー役で、『名探偵ピカチュウ』、『スリー・ビルボード』のキャスリン・ニュートンが出演。また、連続殺人鬼ブッチャーを『ドッジボール』『サイコ』のヴィンス・ヴォーンが演じるほか、ミリーの親友ナイラ役でセレステ・オコナー(『ゴーストバスターズ/アフターライフ』)、ジョシュ役でミーシャ・オシェロヴィッチ (『ザ・ゴールドフィンチ』)がキャストに名を連ねている。

『ザ・スイッチ』は2021年1月15日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ