22年大河『鎌倉殿の13人』来週5日連続で出演者発表 三谷幸喜「小出しに」


俳優の小栗旬が主演、三谷幸喜氏が脚本を手掛ける2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式ツイッターで13日、三谷氏のコメント動画が公開され、来週5日間にわたって出演者を発表していくことが明らかになった。

本作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、二代執権・北条義時の物語。華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座を巡る男たち女たちの駆け引きを描く。脚本は、『新選組!』(2004年)、『真田丸』(2016年)に続いて3回目の大河ドラマとなる三谷幸喜氏が手掛ける。

公開された動画で、三谷氏は「いま一生懸命書いているところです。期待していてくださいね」と近況を伝え、「主演は小栗旬さん。そのほかにもたくさんの登場人物が出てきます。すごいキャストがどんどん決まっております。来週の月曜日16日から5日間にわたって、小出しに小出しに発表していきますで、みなさん楽しみに待っていてください」とメッセージ。「本当に豪華な大河ドラマならではのキャスティングになっているので、来週1週間どうぞ楽しみにしていてください」と呼びかけた。続く投稿で、人物相関図が公開され、今後発表される役柄が明らかになった。

なお、番組ツイッターは6日に開設され、すでにフォロワーは1万人を超えている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ