【Bicerin×GINORI】イタリアの2つの老舗が初コラボ!オリジナルメニュー登場

IGNITE


イタリアの老舗高級食器として名高いGINORI 1735(ジノリ)と、トリノ最古のイタリア伝説の老舗カフェBicerin(ビチェリン)が初コラボ!

オリジナルメニューが「Bicerin HANKYU UMEDA」にて味わえる。イタリアで250年以上の歴史を誇る2つの伝統を感じる、ひときわ優雅なひとときを体感してみよう。



ビチェリンは、11月11日(水)~24日(木)の期間、阪急うめだ本店 7 階で行われる「GINORI 1735」のイベント『HOMEY CHRISTMAS ~食卓を囲むたのしさ~』 開催を記念し、イタリアの長き歴史の中で受け継がれてきた伝統を、目で見て、舌で味わい、優雅な時間を楽しめる3種類のメニューを用意。

■優雅すぎるコラボレーションメニュー

●【Bicerin × GINORI 1735】 コラボレーションチョコレートスタンド(2名用)
ピエモンテ州郷土菓子「バーチ・ディ・ダーマ」 や、北イタリア伝統のパネットーネが味わえる。



・【Bicerin × GINORI 1735】 コラボレーションチョコレートプレート(1名用)
ビチェリンオリジナルのチョコサンドや、北イタリアに伝わるチョコレートケーキ「サケル(ザッハトルテ)」のほか、トリノより空輸のジャンドゥイヤチョコレートがひとつのプレートに。



・【Bicerin × 片岡護シェフ】 パネットーネティラミス
西麻布にあるリストランテ「アルポルト」のオーナーシェフ、片岡護シェフとのコラボレーションメニュー。

片岡シェフがイタリアのクリスマスにちなみ、ティラミスの生地にパネットーネを使った特別レシピを考案。Bicerinのパネットーネを贅沢に使った、ここでしか食べられない期間限定のスペシャルドルチェだ。



■フィレンツェに誕生した老舗陶磁器ブランドGINORI 1735

GINORI 1735は、1735年にイタリア・フィレンツェに誕生した老舗陶磁器ブランド。磁器の製造を夢見たカルロ・ジノリ侯爵が、フィレンツェ郊外のドッチァに窯を創設して以来3世紀にわたり、歴史と伝統、高い美意識、そして代々のマエストロに受け継がれるクラフトマンシップをMade in Firenze にこだわり、守り築き上げてきた。

そして、ビチェリンは、1763年イタリア・トリノに創業。イタリア初代首相カブールや哲学者ニーチェ、『三銃士』などの著者アレクサンドル・デュマ・ペールに愛された、トリノ最古のイタリア伝説の老舗カフェ。

店名を冠したチョコレートドリンク『ビチェリン』は、文豪ヘミングウェイに『世界で残すべき100の物』の一つに選ばれたと言われており、現在もイタリア コンソラータ大聖堂の向かいにある本店では、多くの人々を魅了している。

【Bicerin×GINORI 1735 スペシャルコラボレーションメニュー】
期間:2020年11月11日(水)~11月24日(木)
※パネットーネティラミス のみ、21日・22日・23日提供
場所:阪急うめだ本店 4階「Bicerin」

URL:http://www.bicerin.co.jp/

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ