唐橋ユミ 草笛光子さんに「あなた役者さんよね」と間違えられた

アサ芸プラス


●ゲスト:唐橋ユミ(からはし・ゆみ) 1974年、福島県生まれ。99年「テレビユー福島」に契約アナウンサーとして入社。契約満了後の04年、「サンデーモーニング」(TBS系)のサブキャスターに就任。現在は「新shock感」(テレビ東京系)、「感動!大相撲がっぷり総見」(BSフジ)などに出演中。今年4月、自身も出演するラジオ「イチ押し歌のパラダイス」(NHK第一)のエンディング曲「失くさないで、忘れないで」で歌手デビュー。最新著書「会話は共感力が9割 気持ちが楽になるコミュニケーションの教科書」が小社より発売中。

 TBS「サンデーモーニング」をはじめ、ラジオでも活躍中のフリーアナウンサー・唐橋ユミ。2020年4月には歌手デビューも果たした。しかし、TBSの廊下ですれ違うたび、天才テリーにはある思いが。彼女の意外な一面も飛び出し、トークはあらぬ方向へ‥‥。

テリー TBSの廊下でお会いすることがあるじゃないですか。その時、いつも役者やればいいのにって思ってるんですよ。

唐橋 ほんとですか。何かやりたいです。ニュースキャスター役とかで少し出たことはあるんですけど。

テリー いや、もっと本格的にさ

唐橋 図に乗ってもいいですか(笑)。

テリー 乗ってよ。

唐橋 以前、草笛光子さんにインタビューした時、しばらくお話を伺ったあとで「あなた、役者さんよね」って言われたんです。それで、「いえいえ、違います」って言ったら、「役者顔してる」って。

テリー ほら!

唐橋 でも、私の演技力、ボロボロですよ?

テリー そんなの関係ないよ。うまい役者の演技って、「俺、うまいだろ」って感じで、鼻につくじゃない。

唐橋 フフフッ。どんな役ができますか。

テリー まず悪女ができるよね。あと時代劇。

唐橋 私、カツラ似合うんです。

テリー あとは山田洋次監督作品みたいな人情ものも。

唐橋 寮母さんみたいな?

テリー もっと陰があってもいいよね。当然「ALWAYS 三丁目の夕日」の薬師丸ひろ子さんがやるような役もいいと思うし。

唐橋 何か「この今の会話が(役者を始める)スタートだった」みたいな。

テリー いいと思うなぁ。あと、コメンテーターも。キャスター側じゃなくて。

唐橋 コメンテーターに関しては、「なんか好き勝手言っちゃってるよね」みたいな冷めた見方をしちゃってるんです。視聴者目線で言ってくださってる面もあると思うんですが。もちろん、お話をいただいたら、ちゃんとやりますけど。

テリー いや、ちゃんとやろうとすると勉強するじゃない。それだと今「サンデーモーニング」でしゃべってるのと変わらなくなっちゃうから。

マネージャー 「サンジャポ」出られますかね。

唐橋 でも「サンデーモーニング」のプロデューサーが何て言うか(笑)。

テリー まぁ、一応ライバルみたいなもんだしね。でも、唐橋さんはいろいろやってるよね。4月に歌手デビューもしたでしょう。

唐橋 歌手デビューというか。NHKさんの「歌パラ」(NHKラジオ第1「イチ押し歌のパラダイス」)のエンディングテーマを作るということで、(番組で共演の作詞家)売野雅勇さんが声をかけてくださって、「失くさないで、忘れないで」という曲をレコーディングしました。

テリー 売野さんって超大御所だよ。しかも作曲・林哲司、編曲・船山基紀って最強メンバーじゃない。

唐橋 歌は全然自信がなくて、いつもカラオケだって断ってるんです。

テリー そう? すごく素直で、かわいい声で、懐かしい歌詞の感じにもピッタリだったよ。

唐橋 ありがとうございます。でも、高い声が全然出なくて。全部3人の大御所の方々のおかげです。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ